〈瑞江駅より徒歩1分/土日祝営業〉
[月~金曜日]10:00~21:00(最終受付20:00)
[土~日曜日・祝日]10:00~17:00(最終受付16:00)
[定休日]木曜日 

〈予約優先〉電話03-3677-1210

お問い合わせ

☆★椎間板ヘルニアによって起こる麻痺(その①)☆★ 頭痛でお困りなら【みずえ駅前整体院】

整体を受けて肩こりが楽になった瑞江にお住まいの方の喜びの声

「肩こりが解消し肩の動く幅が広がりました。」 - 男性 20代 瑞江在住
yorokobi100-625

椎間板ヘルニアによって起こる麻痺(その①)

特殊な例ですが、椎間板ヘルニアによって麻痺が起こることがあります。 そのひとつが、「頸部脊髄症」という頸部の椎間板ヘルニアによるものです。 頸部脊髄症は、首の骨(頸椎)のヘルニアによって脊髄が強く締めつけられ、脊髄麻痺を生じるものをいいます。 麻痺によって手足の動きが悪くなり、その結果、筋肉がこわばって痛みを感じてしまうのです。 脊髄神経が締めつけられると、まず運動神経が先にダメージを受け、その後、知覚神経も障害されてしまうと、痛みは感じなくなり、神経が麻痺した状態になります。 この「頸部骨髄症」は非常にまれです。また、頸椎にヘルニアがあっても、それが頸部脊髄症に発展することも非常にまれです。 みずえ駅前整体院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です