マッサージで楽にならなかった肩こりでお困りでしたら瑞江・一之江で人気の【みずえ駅前整体院】 ☆★生理痛が起こる原理とは・・?☆★

カテゴリ:生理痛健康情報症状の説明腰痛その他の症状未分類 |  更新日:2018.08.26

整体を受けて腰痛が楽になった瑞江にお住まいの方の喜びの声

「腰周りが楽になり、冷えも減りました。」 - 女性 会社員 40代 瑞江在住

*********************************************

江戸川区瑞江駅目の前、徒歩一分にあるみずえ駅前整体院です。

毎月26日は「風呂の日」だそうです。いつから制定されているのかは不明ですが、この日に合わせて割引などのサービスを行っている温泉や銭湯も多いようです。

8月も終わりに近づいていますが、まだまだ暑い日が続いています。シャワーだけで済まさず、ゆっくり湯船に浸かってみるのはいかがでしょうか?

お風呂で取りきれない疲れや痛みは、みずえ駅前整体院にお任せください。


yorokobi100-625

生理痛の発症について

痛みや不快感が3日目を過ぎても続く、あるいは生理期間以外にも痛みや不快感が生じる場合は、子宮内膜症などの恐れがあるので、注意が必要です。

まず、前屈に左右差が生じ背中の筋肉が疲労します。
腕の疲れやストレスなどで前屈します。その人の体や生活習慣、腕の疲労度により左右差が生じ、これを放置すると日常生活に支障をきたすため、
左右差のバランスをとろうとして背中全体の筋肉が働きます。

続いて、背中の筋肉の緊張が骨盤の開閉を妨げます。
背中の筋肉の緊張は、最終的に骨盤へと伝わり硬直を起こします。これにより、生理前後に生じる骨盤の開閉がうまくいかず、生理痛の一因となります。

そして、腰から生殖器へ硬直が伝わって機能が落ちます。
前屈すると重心が前方へ移ります。そのため、腰が上体の重さを一手に引き受け、腰に大きな負担がかかります。
腰の、生殖器との結びつきが強い部分に負荷がかかると、神経を伝って生殖器自体に影響が及び、緊張します。

最後に、生殖器と骨盤の機能低下で、生理痛が起こります。
生殖器の緊張により、ホルモン分泌や排卵などがスムーズに行われなくなります。骨盤の開閉も十分にできないため、出血経路に支障をきたす恐れも
あります。
これらの要因が重なって、下腹部の重い感じや鈍痛、生理不順、無月経などが生じます。

みずえ駅前整体院

 

koe-banner01オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ