[バターは本当に悪者・・・?]気になる食品安全情報ー ⑦瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:未分類 |  更新日:2016.07.17

江戸川区瑞江のみずえ駅前整体院です。

瑞江、篠崎、一之江エリアで肩こり、腰痛、頭痛にお困りの方はぜひ一度ご相談下さい。当院の整体、カイロプラクティックがあなたの助けになります。

こんな症状があるかたには

■「バターを悪者扱いするのはやめよう」と研究者が言う

バターを食べることが心疾患、脳卒中、糖尿病リスクを増やさないことを発見した研究の発表を受けて「バターは不健康なものだと間違って悪者扱いされてきた」とDaily Expressが報道した。

研究者らは2005年以降発表された英国を含む15ヶ国60万人以上の参加する9つの研究の知見を解析した。

彼らは14gのバターを食べることは全体の死亡、心疾患、脳卒中リスクにほとんどあるいは全く影響が無く、糖尿病には僅かに保護作用があるようにすら見えることを発見した。

これは良くデザインされたレビューであるが、含まれた研究と同じくらいであって、この場合RCTは一つもみつからなかった。

研究は全てコホートで原因を決めることはできない。

また参加者が正確にバターを食べた量を報告できたかどうかはわからない、それは質問票によるデータ収集ではいつものことであるが。

食事については脂肪や砂糖のようなエネルギーの多い製品はほどほどにするのが良いアプローチである。

心血管系疾患と糖尿病リスクを下げるにはバランスのとれた食事と定期的運動で健康体重を維持するのがベストである。


ガンコな肩こり、腰痛、頭痛でお困りの方、骨盤矯正に興味のある方、みずえ駅前整体院にご相談下さい。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ