慢性的な疲労が老化を早める? アンチエイジングのすすめ ー頭痛、肩こりならみずえ駅前整体院へー

カテゴリ:肩こり健康情報腰痛頭痛自律神経未分類 |  更新日:2015.04.15

江戸川区瑞江のみずえ駅前整体院です。

象(疲労回復)

4月も中旬になり、新生活の疲れが溜まってきた人もいるのではないでしょうか。

今日は久しぶりに疲労のお話です。

疲れている時は自分の顔がいつもより老けて見えることはありませんか? これは単に表情が暗いから老けて見えるだけはありません。

実は疲れと老化には密接な関係があるのです。

疲れと老化のメカニズムは同じで、以前ブログで紹介したように活性酸素が細胞を傷つけることにより起こります。

活性酸素が一時的に細胞に傷をつけるのが疲れで、細胞の傷回復しないまま傷跡になるのが老化だと思ってください。

体の疲れが何日も抜けない状態で何日も過ごすと、細胞が修復されない状態でさらに負荷がかかり、傷跡も残りやすくなります。

疲れを放置しておくとろうっかのペースが速くなっていくということです。

逆にいうと、その日の疲れをその日のうちに処理できれば細胞はこまめに修復され、若さを保つアンチエイジングに繋がります。

肩こり、腰痛、頭痛は疲れのサインです。慢性的になるとつい慣れてしまい我慢する方が多いですが、早めのケアのあなたのカラダは楽になる可能性があります。

疲れが抜けない方、肩こり・腰痛・頭痛でお悩みの方はぜひ一度みずえ駅前整体院にご相談下さい。

ekiten-bannerkoe-banner01

元気になった


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ