☆★姿勢が要因のぜんぞくについて知ろう☆★ 瑞江で整体なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:肩こり健康情報腰痛頭痛手足のしびれその他の症状 |  更新日:2019.04.19

江戸川区瑞江駅目の前、徒歩一分にあるみずえ駅前整体院です。

今日は4月19日です。

西暦1954年 65年前の今日「映画『ローマの休日』が日本で封切」したそうです。

有名な映画ですよね。有名なシーンは、今でもテレビでたまに見かけることもあると思います。映画鑑賞が好きな方も多いと思います。

慢性の肩こり・腰痛また頭痛や手足のしびれなどのツラい症状があると、集中して見たい映画も集中できなくなってしまいます。ツラい症状は我慢せずに、みずえ駅前整体院にご相談ください。

ツラい症状を改善し、集中して映画を見て楽しみましょう。

また当院では正しい座り方などの指導もしています。

当院のことについて詳しく知りたい方は、下のURLをクリックしてください。
http://www.mizueekimaeseitai.com/


ぜんそくについて知ろう

ぜんそくの人は、肺に関連する神経が出ている胸椎3番と胸椎4番にもともと力がなく、硬直状態の場合があります。その場合、常に前屈姿勢で胸郭が圧迫されています。そのため発作時には、胸郭を広げてラクになろうと肩で息をします。

胸郭に前側が圧迫される分、背中側は引っ張られます。一番負担がかかるののが肋骨下部の第9~第12肋骨と肋骨を動かして呼気を助ける役割のある下後鋸筋。発生時に息を吐けないのは、ここが硬直していることが要因の場合があります。

下後鋸筋の緊張は、胸椎11番、胸椎12番、腰椎1番、腰椎2番にも伝わり、軽い緊張状態が続くことがあります。そこで強いストレスや食べ過ぎ、ホコリなどの刺激を受けると、下後鋸筋と椎骨が一気に強く硬直することがあります。

何らかの刺激で下後鋸筋が硬直すると、腰椎1番が強く引っ張られる。その影響で胸椎11番12番、腰椎2番も硬直しやすくなります。呼気を妨げ、真裏から肺を刺激し硬直させることがあります。それをゆるめようと連続でせき込むのが発作です。

咳こむことによって、背中の筋肉が使われ背中の疲れにつながることがあります。

背中の疲れやコリでお困りの方は

みずえ駅前整体院

↑↑↑こちらをタップ↑↑↑


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ