☆★生理痛の予防に! 背中の筋肉の硬さが影響してくる生理痛について知ろう☆★ 頭痛でお困りなら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:生理痛肩こり健康情報腰痛頭痛手足のしびれ |  更新日:2019.04.10

江戸川区瑞江駅目の前、徒歩一分にあるみずえ駅前整体院です。

今日は4月10日です。

今日の四字熟語

【竜頭蛇尾】意味:始めは勢いがあるが、終わりのころには勢いが衰えていること。

慢性の肩こり・腰痛また頭痛や手足のしびれなどのツラい症状があると、勢いを作りだすこともできない場合があります。定期的な身体のメンテナンスをしっかりおこない、ツラい症状が繰り返さない身体つくりをしていきましょう。

お困りの症状がある方は、みずえ駅前整体院にご相談ください。

当院のことについて詳しく知りたい方は、下のURLをクリックしてください。
http://www.mizueekimaeseitai.com/


生理痛の予防に!背中の筋肉の硬さが影響している生理痛について知ろう

腕の疲れやストレスなどで前屈姿勢になり、その人の身体や生活習慣、腕の疲労度によって左右差が生まれます。これを放置してしまうと、日常生活に支障をきたす場合があり、左右差を自然と相殺するよう背中全体の筋肉を働かせます。

左右差調整には僧帽筋や脊柱起立筋、広背筋など、さまざまな筋肉が使われます。疲れが溜まってくると、広背筋下部から骨盤へ緊張が伝わり、硬直を起こす場合があります。

骨盤が硬直すると、生理前後に生じる骨盤の開閉がうまくいかず、生理通の要因になることがあります。

また前屈姿勢は前なり、腰に上体の重さがかかり負担が大きくなります。腰からは、生殖器との結びつきの強い神経が出ているため、腰に負担かかかると、生殖器自体に影響が及び、緊張する場合があります。

生殖器が緊張するとホルモン分泌や排卵などがスムーズにおこなわれなくなることがあります。骨盤も充分に開閉できないため、出血経路に支障をきたすおそれもあります。これらの要因が重なり、下腹部の重い感じや鈍痛、生理不順や無月経などがおこることもあります。

生理痛がひどく、ツラい症状でお困りに方は

みずえ駅前整体院

↑↑↑こちらをタップ↑↑↑


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ