☆★「間欠性跛行」とは?☆★ 頭痛でお困りなら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:肩こり健康情報皆様の声その他の症状 |  更新日:2019.01.28

整体を受けて肩こりが楽になった瑞江にお住まいの方の喜びの声

「ツラかった肩こりが楽になりました。」 - 男性 20代 瑞江在住


yorokobi100-625

「間欠性跛行」とは?

脊柱狭窄症には、坐骨神経痛のほかに「間欠性跛行」という特有の症状があるといわれています。

「間欠性跛行」とは、「歩いていると、だんだん足が重くなって歩けなくなり、少し休むとまた歩けるようになる」といった症状です。
脊椎狭窄症と診断され、間欠性跛行の症状がある人を診ると、脚の筋肉がこわばっていて、血液循環が悪く、軽いむくみを生じている場合があります。

例えば、重たいカバンを持って歩き続ければ、手がしびれてきます。しかし、カバンを置いて少し休めば、しびれは消えます。これを脚の筋肉で繰り返している状態なのです。脚の筋肉のこわばりによって、しびれが生じているので、長く歩くことができなくなるというわけです。

みずえ駅前整体院


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ