☆★「肩こり」という概念はいつからあるのか?☆★ 頭痛でお困りなら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:肩こり健康情報皆様の声 |  更新日:2019.01.15

整体を受けて肩こりが楽になった瑞江にお住まいの方の喜びの声

「肩こりからくる頭痛の頻度が減りました。」 - 女性 20代 瑞江在住


yorokobi100-625

「肩こり」という概念はいつからあるのか?

「肩こり」という言葉自体は、それほど古いものではないといわれています。

一説によると、「肩こり」が初めて活字になったのは、夏目漱石の『門』という作品だといわれています。作品中、「頸と肩の継目の少し背中へ寄った局部が、石のように凝っていた」と記されており、日本文学において肩こりが初めて描かれたといわれ、それ以降、日本人は肩こりを自覚するようになったという説があります。

しかし、それ以前にも樋口一葉の作品や医学書の中で「肩が張る」などの表現を用いていることから、肩こりという症状の自覚は以前からあったことは明らかです。

みずえ駅前整体院


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ