☆★疲れにくい体に重要な食事中のコレ!☆★ 瑞江・篠崎で腰痛、肩こり、慢性疲労などでお困りなら【みずえ駅前整体院】にお任せください!

カテゴリ:マタニティ整体肩こり健康情報腰痛 |  更新日:2018.05.31

「毎朝の頭痛がなくなりました」 - 女性 会社員 40代 瑞江在住

江戸川区瑞江駅目の前、徒歩一分にあるみずえ駅前整体院です。

本日5月31日は「世界禁煙デー」です。

禁煙にトライをしてもなかなかやめられないという方は多いのではないでしょうか。

喫煙することで血管が収縮して血液の流れが阻害されます。それにより全身の血行が悪くなり肩こりや腰痛が悪化する場合もあります。

喫煙をするならするで、人よりも疲れが溜まりやすいことをしていると自覚して、体のケアを行いましょう。当院のカイロプラクティックは血液循環を良くすることを得意としています。

血行不良の心当たりがある方はぜひ一度みずえ駅前整体院にご相談下さい。

本日は疲れにくい体になるために食事中に気を付けることをお伝えします。


yorokobi100-625

よく噛んでゆっくり食べよう!
食事で疲れにくい体を作るうえで、大切なことがあります。
それは、「よく噛んでゆっくり食べること」です。

食品添加物などには、活性酸素を発生させて細胞を傷つける物質が含まれていますが、よく噛むことで唾液がダメージを抑えてくれるのです。
また、よく噛んで食べることは、肥満対策としても有効です。よく噛むことで満腹中枢が刺激され、満腹感を感じるためです。
しかし、満腹中枢が刺激を受けるまでには20分かかるとされています。早食いをすると、この刺激が間に合わず、満腹感を感じる前に食べ過ぎてしまう可能性があります。

肥満は疲れやすくなる大きな原因です。
太るほど体への負担が増え、日常の動作ひとつでも骨格や筋肉に負担がかかります。

暴飲暴食も、胃腸などに負担がかかり、消化吸収の機能が低下し、代謝機能に影響を及ぼすことで疲労感を覚えたり、病気にかかりやすくなったりする原因になります。

バランスの良い食事を、ゆっくりよく噛んで食べることが、肥満を予防し、疲れづらい体を作ってくれる基礎となるのです。

 

みずえ駅前整体院

 

koe-banner01オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ