☆★肩を使うスポーツにはこの筋肉のケアが必須!★☆瑞江・篠崎エリアで慢性的な肩こり・腰痛・骨盤矯正でお悩みなら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:スポーツ整体肩こり腰痛頭痛 |  更新日:2018.04.10

「バレーのアタックの時の痛みがなくなりました」 - 女性 主婦 30代 瑞江在住

江戸川区瑞江駅目の前、徒歩一分にあるみずえ駅前整体院です。

4月なりお子さんが小学校や中学校へ進学した方は生活の変化に慣れてきました?

ご本人の変化だけではなく家族の生活習慣の変化は自律神経の乱れや身体の疲れに直結します。

江戸川区にはママさんバレーのチームが沢山あり、リーグも複数あるほど盛んなようです。

お子さんの進学を機にバレーを始めるも肩周りのケガを訴える方が多いです。

肩こり、腰痛の改善だけではなくスポーツでのケガの予防にもカイロプラクティックは有効です。

スポーツを安心に楽しみたい方はお気軽にみずえ駅前整体院にご相談下さい。


yorokobi100-625

肩をぐるぐる回したり腕を持ち上げる【三角筋】

 

三角筋は、肩甲上腕関節や上腕骨の上部を覆うように肩全体についている筋肉です。

筋肉を広げた時に二等辺三角形の形になることが三角筋の名前の由来です。

上半身で最も体積が大きく、肩のほとんどの動作に関わってきます。

 

筋肉が分厚く盛り上がっており、肩を保護する役目も果たしています。

三角筋は、鎖骨部・肩峰部・肩甲棘部からなり、それぞれの肩を動かす役割に特徴があります。

 

まず、前の鎖骨部は、肩を屈曲させ腕を持ち上げる動作で働きます。

真ん中にある肩峰部は、腕を横に動かす外転動作で使われます。

後ろについている肩甲棘部は、前へ上げた腕を下ろすような伸展動作で働きます。

三角筋全体としては、肩をぐるぐる回したり前後左右、全方向に動かす時に活躍します。

 

日常では、肩から動かし腕を頭上に上げ頭をポリポリと掻く時に三角筋が使われます。

また、肩を前後に動かす時に三角筋は活躍するので、ジョギングする時の腕振りは三角筋を大きく使っています。

 

肩こりや肩が上げづらいなどの症状が出やすい人は、三角筋を鍛えたり柔らかくしたりすることで楽になる方が多いです。

鍛えるには両手に水が入ったペットボトルを持ち、上げ下げすることで鍛えられます。

 

当院には肩こりや肩の痛みや肩が上げづらいなどの悩みでお越しになる患者様が多いです。

筋肉と関節の奥深くまでしっかりとアプローチして施術していきます。

もしお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

全力で御対応致します。

みずえ駅前整体院 koe-banner01オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ