☆★プロが選ぶむくみに効くストレッチはこれ!☆★ 瑞江・篠崎エリアで整体、骨盤矯正、むくみなら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:骨盤矯正肩こり腰痛頭痛その他の症状 |  更新日:2018.02.14

「夕方のむくみが気にならなくなりました^^」 - 女性 会社員 20代 瑞江在住

江戸川区瑞江駅目の前、徒歩一分にあるみずえ駅前整体院です。

今日は皆さんご存知のバレンタインデーです。以前は女性が親愛の気持ちを込めて男性にチョコレートを贈るというイメージでした。 最近ではチョコに限らず、クッキー、ケーキ、ネクタイ等様々な贈り物があるそうです。贈る相手も女性から男性だけではなく同性間で贈りあう「友チョコ」、自分へ贈る「自分チョコ」、男性から女性へ贈る「逆チョコ」、男性間で贈りあう「強敵(とも)チョコ」など様々な形態があるようです。

時代と友に文化は変わっていきますね・・・文化の変化に合わせて生活様式も変わり、その時代に合わせて体の疲れやすい部位も変わってきます。

今まで感じなかった疲れや痛み、肩こり、腰痛を感じ出したら時代の変化に体がついていけていないのかもしれません。

寝ても取りきれない疲れを感じましたら一度みずえ駅前整体院にご相談下さい。


yorokobi100-625

本日は多くの方が悩む足のむくみについてお伝えします。

 

「足の冷え」や「足のむくみ」は女性を中心に悩んでいる方が多い症状です。

 

近年は男性にも「むくみ」が気になるという方が増えています。

 

多くの場合は運動不足により「体の水分=血液」が体の下の方である脚に溜まっているためにおこります。

 

「脚は第二の心臓」という言葉もあります。

 

これは脚(特にふくらはぎ)の筋肉には血管を収縮させるポンプのような役割があることを指しています。

 

私たちの心臓が送りだした血液が脚の方に降りてくるときは重力に従い降りてくるだけなので特に問題なくつま先まで届きます。

 

しかし、血液がそこからカラダに戻ろうとすると脚を上っていかなければなりません。

 

その「胴体に血液を送り返す」為に必要なのがふくらはぎの筋肉の収縮です。

 

特に運動不足になりがちな現代人にとってふくらはぎが動かず硬くなるということが非常に多くなっています。

 

硬くなったふくらはぎではポンプ作用を最大限生かすことができません。

 

今回のストレッチでふくらはぎの柔軟性を保ち「むくみ」を予防しましょう。

 

①足を一歩前に出し、両手を膝の上に乗せます。

 

後ろ側の脚のつま先は正面に向けましょう。

 

下の写真を参照してください。

 

②後ろ足のかかとは床につけたまま胸を張り前足に体重をかけます。

 

上半身の体重を手に乗せてしまうと上手く伸ばせません、両手は膝にのせる位の感覚で行ってください。

 

後ろ脚のふくらはぎに伸びを感じたら15秒キープします。

 

反対側も同様に行います。

 

出来ましたか?

 

このストレッチは学校の体育の授業でも習うくらいメジャーかつやりやすいものですが、意外と間違っている方も多いのが事実です。

 

 

きちんとしたやり方でストレッチを行いふくらはぎの柔軟性を維持しましょう。

 

 

koe-banner01オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ