★☆★祝3周年★☆★【長時間立っていると腰が痛くなる人必見!?】-瑞江・篠崎・一之江で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:骨盤矯正肩こり腰痛 |  更新日:2017.10.13

「立ち仕事で立っている時の腰痛がなくなりました^^」- 瑞江在住 30代女性

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京都江戸川区瑞江のみずえ駅前整体院です。

今日は「引越しの日」です。

引越しをする際は荷造りや重たい荷物を持つことも多く、腰を痛める方が多いです。

重たい荷物を持たなくても長時間腰を曲げ続けることも多く、どうしても負担がかかります。

季節の変わり目は気温の変化が激しく疲れが溜まりやすいです。

カラダのケアのやり方次第では防げる疲労や腰痛はたくさんあります。

気になる症状がある方はお気軽にご相談下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★☆★★☆3周年キャンペーン近日開催☆★★☆★

3年間の感謝を込めて、様々なお得なキャンペーンを準備中です。

ご期待ください^^

★☆★★☆3周年キャンペーン近日開催☆★★☆★

 

 

yorokobi100-625

 

最近多くなっている腰痛の原因となる歪み、腹筋を使わずに腰を反らしてカラダを支える「反り腰」の方が増えています。

 

この姿勢では脚を後ろに引きにくくなり、腰の負担が増えてしまいます。

 

この「反り腰」のよくある原因は骨盤とふとももをつなぐ「腸骨筋」が硬くなることによっておこります。姿勢に歪みがあると下半身、特に膝への負担も大きくなります。

 

腸骨筋が硬くなると腰が反りやすくなり、股関節の動きも悪くなります

 

歩くだけでも腰に響く痛みがあるという方はこの腸骨筋が硬くなっているかもしれません。

 

きちんとケアを行い、不快な腰痛を予防しましょう。

 

 

①片方の膝を床に付けて片膝立ち(後ろ側の膝をつける)になります。

 

前側の足と後ろ側の膝から下の部分が一直線になるようにしてください。

 

肘を曲げて腕を上げて、反対側の手は膝の上に乗せましょう。

 

 

②おへそをへこませながら上半身を後ろに反らし15秒キープします。

うまくストレッチがかかるとお腹の深部から太ももにかけて筋肉の伸びを感じます。

反対側も同様に行います。

 

 

今回紹介したストレッチは股関節の疲労のケアに非常に有効です。

正しい姿勢を保つためにもきちんとケアを行いましょう。

 

 

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ