【歩く動作の基本のキ!股関節の可動域①】-瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:肩こり健康情報腰痛頭痛その他の症状 |  更新日:2017.08.07

東京都江戸川区、都営新宿線瑞江駅の目の前、みずえ駅前整体院です。

 

今日は朝から天気が良く日差しも強くなっています。

 

しかし、天気予報によると午後から非常に強い雨が降るとのことです。

 

午前の時点ではそのような気配は見えませんが最近のにわか雨は非常に勢いが強いです。

 

きちんと雨対策を行い出かけるようにしましょう。

 

また、天気が大きく崩れる際はヒトの体の自律神経が非常に乱れやすくなります。

 

自律神経の乱れは肩こりや肩こりからくる頭痛をより悪化させる場合があります。

 

暑さが続き、たださえ疲れが溜まりやすい季節です。

 

体の疲れは肩こりや肩こりからくる頭痛、腰痛の原因となります。

 

カラダの辛さの原因となる疲れや、自律神経の乱れの改善は当院のカイロプラクティックが得意とするところです。

 

お体のお悩みは当院にご相談下さい。

 


yorokobi100-625

 

 

 

今回から股関節の動作を3回に分けて紹介していきます。

 

股関節は日常生活やスポーツ時のほぼすべての動作で働きます。

 

負担がかかりやすく、筋肉が硬くなると可動域が狭くなったり痛みを感じるなどの症状が出やすい場所とも言えます。

 

股関節の規範的な動作は6つに分けられます。

 

どの動作が動かしづらいかを確認し、動作の改善に役立てましょう。

 

 

 

今回紹介するのは「伸展」と「屈曲」です。

 

 

「伸展」

 

 

脚を後ろに伸ばす動作です。

 

主にお尻の筋肉である「大殿筋」や太ももの後ろ側の「ハムストリングス」が働くことで行われる動作です。

 

歩く、走るといった基本的な動作に必要です。

 

 

 

 

 

 

「屈曲」

 

 

脚を上げる動作です。

 

主に「腸腰筋」という背骨や骨盤の内側から伸びてきて太ももの骨の前側に付着する筋肉が働きます。

 

 

歩く際に太ももを上げる等需要な役割を果たします。

 

 

 

 

 

 

 

当院では硬くなった関節の動きを柔らかくする施術を得意としています。

 

特に股関節は硬くなっている方が多く、そのような方はケガをしやすいです。

 

あなたのお体のお悩み、ぜひ一度当院のプロのカイロプラクターにご相談ください。

 

 

みずえ駅前整体院

ekiten-banner

koe-banner01

オンライン予約バナー

 

 


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ