【肩関節のトレーニング②】ー瑞江で整体、肩こり、腰痛の相談はみずえ駅前整体院-

カテゴリ:スポーツ整体肩こり健康情報腰痛その他の症状 |  更新日:2017.07.03

今日は朝から日が照っていて絶好のお洗濯日和です。

週末天気があまりよくなく、今日こそは意気込んで家事を行う方も多いのではないでしょうか?

確かに梅雨の晴れ間は貴重ですが、頑張りすぎには注意してください。

最近当院に寄せられる相談で多いのが雨の合間に洗濯や買い物を頑張りすぎてしまい、腰痛が悪化したり、肩こりがひどくなったというものです。

疲労が溜まりやすい生活習慣を送る我々現代人にとっていつも以上に頑張りすぎる事は大きなダメージになります。

まずは普段の疲れをケアしていざという時に頑張れるコンディションを作りましょう


yorokobi100-625

 

 

今回は肩甲骨を寄せて背中と腕の小さな筋肉に対するトレーニングを行います。

 

今回のトレーニングでは水入りのペットボトルを2本使用します。

 

ターゲットとなるのは肩甲骨を背中の中央に寄せる働きをする「菱形筋(りょうけいきん)」という筋肉です。

 

スポーツを行う上では肩甲骨を背中中央に寄せて腕を引く動きをする際に使われます。

 

また、現代人は肩甲骨を動かすことが少なく、菱形筋が硬くなっていたり筋力が低下している場合もあります。

 

しっかりとトレーニングを行い、きちんとカラダが動かせる様にしましょう。

 

 

それでは方法を紹介します。

 

両手にペットボトルを持ち両腕を前に伸ばします。

 

腕の高さは肩の高さと揃えてください。

 

 

腰は軽く曲げましょう。

 

下の写真を参照してください。

 

 

 

 

この状態で肩甲骨を左右から背中中央へ引き寄せ、そこから腕を天井方向にゆっくりと上げます。

 

この時に肩が上がるようですと肩甲骨がうまく動いておらず、肩の力で腕を上げてしまっている状態です。

 

肩が上がらないように注意しましょう。

 

下の写真を参照してください。

 

    

↑〇肩甲骨で腕が上がっている状態        ↑✕肩に力が入り腕を上げている状態

 

出来ましたか?

 

このトレーニングは20回を目安に行います。

 

肩甲骨周りをきちんとトレーニングしてパフォーマンス向上や日常の不快な肩こりや背中のこりを予防しましょう。

 

普段意識がしにくい筋肉は気づかないうちに固くなり、弱ってしまい、セルフケア自体がやりづらくなることがあります。

そのような方は、当院のカイロプラクティックで筋肉の緊張を取り、体質を変えることでセルフケアがしやすいカラダに変えていくことができます。

 

お困りの方はぜひ一度ご相談下さい。

 

みずえ駅前整体院

 

ekiten-banner

koe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ