【トレーニング開始!気になるお腹回り、太もものトレーニングはコレ!②】「簡単なトレーニングで効果抜群!」プロが教えるスロートレーニング実践編3 -瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:肩こり健康情報腰痛その他 |  更新日:2017.01.18

東京都江戸川区、都営新宿線瑞江駅の目の前、みずえ駅前整体院です。

瑞江、一之江、篠崎エリアにお住まいでガンコな肩こり、腰痛、頭痛でお悩みの方は当院にご相談ください。

ここ数日快晴が続いていますが相変わらず寒い日が続いています。

寒さのせいで無意識に体に力が入り、それが抜けなくなり疲れが溜まるということもあります。

疲れが溜まると肩こりや肩こりからくる頭痛、腰痛などが悪化する場合があります。

きちんと体のケアをするようにしましょう。


yorokobi100-625

今回紹介するのは「レッグレイズ」というエクササイズです。

前回紹介した「ニートゥチェスト」で腰に痛みが出る方はこちらの種目を試してみてください。

このエクササイズも前回同様、腹直筋、大腿四頭筋、大腰筋に効くエクササイズです。

まず床にあおむけに寝そべり腕を体の横にピッタリとくっつけます。

手のひらは地面につけるようにしてください。

DSC01463

それではエクササイズスタートです。

①両足を真っ直ぐ伸ばしたまま少し浮かせてください。

その状態で1秒キープします。

DSC01464

②両方の太ももを胸に近づけてお尻を床から浮かせます。

その後ゆっくりと①の姿勢に戻ります。

②の時にお尻を床から浮かさずに行うと筋肉が休んでしまい狙った効果が得られません。

DSC01465

これを5~10を目安に行います。

エクササイズ後はストレッチを行い使った筋肉のケアをしましょう。

ケアの仕方は前回紹介したストレッチと同じです。

うつぶせになり両手をつき上体を反らします。

これで使った筋肉を伸ばし疲労が残らないようにケアをしましょう。

ストレッチは伸ばした状態を15秒を目安にキープしてください。

伸ばす時間が短すぎると筋肉がきちんと伸びず、伸ばす時間が長すぎると筋肉を傷めることがありますので時間を意識してストレッチを行いましょう。

また、反動をつけて伸ばすようなことはしないでください。

勢いがつきすぎると筋肉を傷める場合があります。

ケガをしてしまってはせっかくのトレーニングも無駄になってしまいます。

ケガのリスクは可能な限り下げましょう。

このエクササイズは体の前面、腹筋や太ももの筋肉を鍛えるのに有効です。

キレイなボディラインを作るためにも腹筋や太ももはきちんとエクササイズしましょう。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ