【スロートレーニングの心得⑤エクササイズ後の〇〇が効果を上げる!仕上げの〇〇とは・・・?】   「簡単なトレーニングで効果抜群!」プロが教えるスロートレーニング基礎知識編24 -瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:肩こり健康情報腰痛その他 |  更新日:2017.01.15

東京都江戸川区瑞江駅の目の前、「みずえ駅前整体院」です。

瑞江、一之江、篠崎エリアにお住まいでガンコな肩こり、腰痛、頭痛でお悩みの方は当院にご相談ください。

今日は一段と冷え込みが厳しいです。

休日ということもありスポーツをされる方も多いかと思います。

冷えた体で運動を行うとケガのリスクが上がります。

スポーツをされる方はウォーミングアップをしっかり行いケガを予防しましょう。

ケガの予防には普段からのケアも大事です、慢性的な肩こりや腰痛、膝の痛みがある方は当院にご相談ください。


yorokobi100-625

今回はトレーニングの心得の5回目です。

今回はトレーニング後のアフターケアについて紹介します。

これはどんな運動に対しても言えることですが、トレーニングのメニューが一つ終わるごとにストレッチを行いましょう。

特にスロートレーニングで行っている、「ノンロックスロー法」ではエクササイズの動作中、筋肉の血液循環を制限します。

血流が制限されたままだとトレーニング後の回復が上手く行われません。

また、エクササイズ後は筋肉に疲労物質が溜まっています。

疲労感を翌日以降に持ち越さないためにも種目ごとにストレッチを行いましょう。

そしてこの種目ごとにストレッチを行うもう一つの理由は合間にストレッチを挟むことにより適度な休憩をとることです。

エクササイズを続けて行うとやはり体はきつくなってきます。

それが続くと「きつい」から「イヤだ」という気分になりトレーニングを続けたくなくなります。

エクササイズの種目はストレッチまで含めて一種目と考えて行いましょう。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ