[○○が脂肪を燃焼させるは本当・・・?]プロが教えるスロートレーニング基礎知識編 6 ダイエットの豆知識-瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:肩こり健康情報腰痛頭痛 |  更新日:2016.12.19

東京都江戸川区瑞江駅の目の前、みずえ駅前整体院です。

瑞江、一之江、篠崎エリアにお住まいでガンコな肩こりや腰痛、頭痛に悩んでいる方は当院にご相談ください。

寒い日が続いていますが、運動で体を温めて寒さ対策としている方もいるかもしれません。

適度な運動は寒さ対策だけではなく肩こりや腰痛の予防にもなりますので正しい知識をもとに積極的に行っていきたいものですね。

本日は運動の種類のひとつ、有酸素運動について説明します。


yorokobi100-625

ランニングやエアロビクスのようにたくさん呼吸をして多くの酸素を必要とする有酸素運動。

ダイエットにはこの有酸素運動が効果的と聞いた事がある方も多いと思います。

「有酸素運動は脂肪を燃焼させる」のは紛れもない事実です。

しかし、「有酸素運動でなければ脂肪は燃焼しない」わけではありません。

生物は運動をしていなくても「生命活動をするだけで消費するエネルギー」=「基礎代謝」があるからです。

さらに言ってしまえば運動そのもので消費できるエネルギーは実はそれほど多くないのです。

例を挙げるとゆっくりとウォーキングを20分ほどしたとしても消費カロリーは安静時よりも30㎉ほどしか増えません。

これは白米で言うならば一口分から二口分ほどで。すウォーキングだけで痩せようと思っても相当量の運動が必要になります。

しかし、痩せるために有酸素運動の量を増やし過ぎると筋肉の量が低下する場合があります。

筋肉が脂肪よりも先に分解されエネルギーとして使われてしまうからです。

筋肉量が低下するとさらに基礎代謝が落ち、太りやすい体になります。

有酸素運動をきつくなるまで行うよりも筋力トレーニングでしっかりとした筋肉を付け基礎代謝を上げた方が確実なダイエットに繋がります。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ