プロが教えるストレッチ実践編㉕首の後ろと側面のストレッチ-瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:肩こりその他 |  更新日:2016.11.23

東京都江戸川区、都営新宿線瑞江駅の目の前、みずえ駅前整体院です。

瑞江、一之江、篠崎にお住まいでガンコな肩こりや頭痛、腰痛でお悩みの方は当院にご相談下さい。

最近は冷え込みもきびしくなり、天気もあいにくの空模様が続いています。

こういう時は急な腰痛や、頭痛が出やすくなります、当院にもそういった相談がたくさん寄せられております。

適切なケアで不快な症状が出ないように気を付けましょう。

今回は肩こりとも関係の深い場所、首のストレッチを紹介します。

首と肩はお互い近くにあり、どちらかが疲労するともう一方も疲労しやすく、その逆もあります。

しっかりと首をケアして肩こりを予防しましょう。

yorokobi100-625

先にも書いた通り首と肩は非常に関連が深いです。

では、その首にある筋肉とはどういったものがあるのかを紹介します。

まず、首の後ろ側には頭を後ろに倒す(上を向く)ための筋肉があります。

そして左右には首を横に倒す、または首をひねる為の筋肉があります。


では実際に行う前にストレッチの注意事項を説明します

・無理は禁物、伸ばすのは物足りない位でちょうど良い

・伸ばすのは10秒~15秒、長すぎても短すぎてもダメ

以上の2点です、これは効果を高めてケガを防止するためにも非常に重要です。必ず守ってください。

首は特に繊細な部分ですので腕力での操作は絶対にNGです。

腕の重さがかかる程度の負荷で十分なので特に力を抜いて行いましょう。


首は色々な方向に動かせる場所ですので二回に分けてストレッチを紹介します。

まずは首の後ろのストレッチです

背筋を伸ばし、両手で頭頂部を抱えるように持ちます。

背中が丸まると首の後ろは伸びないので丸まらないよう注意しながら頭を前に倒します。

dsc01229

次に側面です。

伸ばしたい方の逆の手で手のひらが頭頂部をまたぎ、指先が耳の上に繰るように頭を持ちます。

伸ばしたい方の手は写真のように腰に回し肩が上がらないようにロックをかけましょう。

肩が上がるとストレッチがかかりません。

dsc01230

そのまま頭を載せている腕側に倒し、腕の重さでストレッチをかけます。

dsc01231

出来ましたか?

首は疲れやすく繊細な場所です。

肩こりにお悩みの方はぜひ実践してみてください。

また、ストレッチでは物足りない、あまり楽になった気がしないというコリが強い方は当院にご相談ください。

当院はそのようなガンコなコリに対する施術を得意としております。

つらい肩こり、首の痛みを早く何とかしたいという方はお電話かメールでお問合せください。

スタッフ一同全力で対応させていただきます。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ