プロが教えるストレッチ実践編⑲上腕三頭筋(二の腕)のストレッチ-瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:肩こりその他 |  更新日:2016.11.16

東京都江戸川区瑞江駅の目の前、みずえ駅前整体院です。

ここ数日、寒かったり暖かかったりと気候が安定しない日が続いています。

そういう時は自律神経が乱れやすく、普段以上に体に負担がかかり、体調も崩しやすくなります。

体操やストレッチなどで体をゆるめて無意識の疲れをためないようにしましょう。

yorokobi100-625

今回紹介するストレッチは上腕三頭筋(二の腕)のストレッチを紹介します。

主に肘を伸ばす動作で使われ、テニスや野球などのスポーツで酷使されますが日常ではあまり使われません。

その為急に使うと普段使っている場所よりも疲労を感じやすい部位でもあります。

運動をする方はもちろん、運動をしない方も普段からストレッチで良い状態をキープすることを心がけましょう。

こういった地味な部位が疲労し、他の場所、例えば肩が腕をかばうことで肩こりに繋がることもあります。

人間の体は内部で影響しあうので一ヶ所が疲労した場合、連鎖的に周りの筋肉も疲労することがよくあります。

普段のケアが大事だといわれるのはそのためです。


実際に行う前にストレッチの注意事項を説明します

・無理は禁物、伸ばすのは物足りない位でちょうど良い

・伸ばすのは10秒~15秒、長すぎても短すぎてもダメ

以上の2点です、これは効果を高めてケガを防止するためにも非常に重要です。必ず守ってください。


まず伸ばしたい側の肘を曲げ、同じ側の肩に指先で触れます。

dsc01198

指先を肩にのせたまま肘を天井方向に引き上げながら頭の方に寄せていきます。

dsc01199

背筋を真っ直ぐに伸ばし、反対側の手で肘を引きます。

dsc01200

出来ましたか?

指先が肩から離れ、肘が開いたり、体ごと横に倒れてしまうと上手くストレッチがかからないので注意しましょう。

こういった普段意識して使わない場所は特に運動不足になり弱くなりやすい部位でもあります。

当院で指導しているのはストレッチだけではなく自宅で出来るトレーニング方法なども含まれます。

普段のケアの他にもトレーニングが必要だと感じている方、またはトレーニングを続けているがイマイチ効果が実感できないという方は当院にご相談ください。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ