プロが教えるストレッチ、胴体の側屈、回旋ー瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:肩こり健康情報腰痛その他の症状 |  更新日:2016.09.29

東京都江戸川区、瑞江駅の目の前、みずえ駅前整体院です。

瑞江、篠崎、一之江エリアのガンコな肩こり腰痛はお任せください。

yorokobi100-625

今回は体幹をゆるめる動き、胴体を左右に倒す(側屈)と左右にねじる(回旋)について紹介します。

この動きのポイントは前回のおさらいとなりますが、以下の2点です。

①みぞおちを中心に動かす

②骨盤を固定して上半身を動かす

それでは早速動きを紹介します。

みぞおちを中心に上半身を横に倒す(側屈)動きです。

骨盤は動かさずに固定してください。

下の写真を参考に試してください。

○正しい動き                       ×間違った動き

dsc01035   dsc01037

左の写真は骨盤を固定し横に倒せているのに対し、右の写真は骨盤ごと倒れています。

これでは背骨が横に倒れず意味がありませんので注意してください。

動きが分かりづらいという方は、みぞおちの高さの脇腹に指先を当てると、どこから曲げるのか意識しやすくなります。

腰を動かさず、指の位置を支点に倒しましょう。

dsc01041

次に上半身をねじる(回旋)動きです

ポイントは腰(骨盤)を動かさず、肩を水平に回すことです。

骨盤が回ってしまうと背骨が土台ごと回ってしまうため、やはり意味がなくなってしまいます。

非常に間違えやすい動きなので注意しましょう。

○正しい動き                   ×間違った動き

dsc01039  dsc01040

上の写真の左側は骨盤を固定し肩を水平にねじれています。

しかし、右の写真は骨盤ごとねじれてしまっており、背骨が全く動いていません。

骨盤を固定するのが意識しづらい人は椅子に座ってやってみてください。

骨盤が固定しやすくなるので背骨をねじる感覚を掴みやすくなると思います。

dsc01042

出来ましたか?

ゆっくりと動かすことを意識して一日に10回をめどに続けていきましょう。

次回は胴体の土台の部分、骨盤の動きについて紹介します。

当院ではこのようなセルフケアだけではどうにもならないガンコな症状のご相談もたくさん寄せられます。

頭痛、肩こり、腰痛とお体のことはお気軽にご相談下さい。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ