姿勢が悪くなると肩こり、腰痛が悪化する?② 腰痛に強い整体院、みずえ駅前整体院

カテゴリ:肩こり腰痛頭痛すこやかの道しるべ |  更新日:2015.05.19

江戸川区瑞江駅のみずえ駅前整体院です。

瑞江、一之江、篠崎地域で肩こり、腰痛、頭痛でお困りの方はぜひ一度当院のカイロプラクティックをお試しください。

本日は「すこやかの道しるべ」です。

前回に引き続き「脊柱起立筋」という背中の筋肉の説明を致します。

前回はこの「脊柱起立筋」が疲れて姿勢が崩れると肩こりや腰痛など様々な症状を引き起こしてしまうというお話をしました。

今回は、この筋肉を疲労させてしまう日常生活での動作や姿勢はどういったものがあるかという事を説明致します。

この「脊柱起立筋」の主な働きは、

・背骨を支える

・腰を曲げる、反らす、ひねる、左右に倒す

・上半身を前後に倒す、ひねる、左右に倒す

といった動作を肩周りや首回りなど他の筋肉と連動して行う事です。

日常の動作に置き換えると、歩く、立ち続ける、座り続ける、腰を曲げて反動をつけて立ち上がる、後ろを振り向く等々・・・

つまり、日常生活でのほぼ全ての動作が直接的、もしくは間接的にこの筋肉を疲労させてしまいます。

ですので背中に痛みを感じない方でも気づかない内に背中の筋肉は疲労を蓄積しがちです。

これが気づかない内に肩こりや腰痛を引き起こしてしまうことも少なくありません。

当院カイロプラクティックではこの背中の筋肉に対してどのようにアプローチをしていくのか?

詳しくは次回の「すこやかの道しるべ」でお伝えいたします。

つづく

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ