プロが教えるストレッチ実践編⑳肘から指にかけてのストレッチ①(屈筋群)-瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:健康情報その他の症状 |  更新日:2016.11.17

東京都江戸川区瑞江駅の目の前みずえ駅前整体院です。

最近は寒くなってきており、肩こりや腰痛、頭痛をはじめ色々な症状の相談が増えています。

お困りの症状があれば当院にお気軽にご相談ください。

慢性的な辛さの解消を当院は得意としております。

yorokobi100-625

今回は日常的に酷使されている指を曲げる筋肉のストレッチを紹介します。

この筋肉は手のひら側にあり各指から肘付近の前腕側やひじをまたいで上腕側につくものと分かれます。


では実際に行う前にストレッチの注意事項を説明します

・無理は禁物、伸ばすのは物足りない位でちょうど良い

・伸ばすのは10秒~15秒、長すぎても短すぎてもダメ

以上の2点です、これは効果を高めてケガを防止するためにも非常に重要です。必ず守ってください。


今回のストレッチは大きく分けて2種類です。

①肘を伸ばして行うもの ②肘を曲げて行うものです。

①まず肘をまっすぐ伸ばし人差し指から小指までを反対側の手でつかみ手前に引きます。

これで人差し指から小指までの筋肉をのばすことが可能です

dsc01202

次に親指から小指までを掴み同じように反らします。

微妙に伸びる感覚が違うのを感じると思います。

dsc01203

最後に手のひらを掴み手首を手前に反らします。

dsc01204

②肘を曲げて同じことを行います。

人差し指から小指までを反対側の手でつかみ手前に引きます。

これで人差し指から小指までの筋肉をのばすことが可能です

dsc01205

次に親指から小指までを掴み同じように反らします。

微妙に伸びる感覚が違うのを感じると思います。

dsc01206

最後に手のひらを掴み手首を手前に反らします。

dsc01207

今回のストレッチはデスクワーク等手をたくさん使う方にぜひやっていただきたいストレッチです。

お仕事の合間などにきちんとケアをして疲れをためないようにしましょう。


肩こりがひどい方は手や腕の筋肉が緊張していることが多いです。

手や腕は痛みや疲れを感じにくいので毎日ケアをしている方は少ないかもしれませんが腕の疲れが肩こりの原因のひとつになることもあります。心当たりがある方は一度みずえ駅前整体院にご相談ください。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ