プロが教えるストレッチ実践編⑧太ももの前側(大腿四頭筋)-瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:健康情報その他の症状 |  更新日:2016.11.03

東京都江戸川区瑞江駅の目の前、みずえ駅前整体院です。

瑞江、一之江、篠崎にお住まいでガンコな肩こり、頭痛、腰痛などでお悩みの方は当院にご相談下さい。

今回は「立つ」「歩く」といった基本的な動作に対して非常に重要な役割を持った筋肉のストレッチを紹介します。

歩くのが疲れる、立ち上がるのがづらいという方は必見です。

yorokobi100-625

今回は太ももの前側にある大腿四頭筋のストレッチを紹介します。

この筋肉は人体で最大のものであり膝を伸ばすために使われます。

立ち上がる時や歩行の際に体重を支え、一連の動作の中で最も重要な働きをします。

大腿四頭筋のケアは膝関節へのダメージを減らすうえでも非常に重要です。

しっかりケアしましょう。


では実際に行う前にストレッチの注意事項を説明します。

・無理は禁物、伸ばすのは物足りない位でちょうど良い

・伸ばすのは10秒~15秒、長すぎても短すぎてもダメ

以上の2点です、これは効果を高めてケガを防止するためにも非常に重要です。必ず守ってください。


①横向きに寝ころび、天井側の膝を曲げそのつま先を持ちます。

バランスを取りやすくするためと、両膝の間隔が拡がらないよう床側の腕は前に伸ばすと良いでしょう。

また、足首を持つとストレッチの為の「テコ」が短くなり十分な効果が得られません、気を付けてください

dsc01140

②膝を後ろに引きます。

つま先を持った手で引いてください。

この時に体が固い人は膝が横(天井側)に向かって開いてしまいがちです。

後ろに引くようにしてください。

dsc01141

出来ましたか?

今日紹介した大腿四頭筋は、その役割上日常生活やスポーツシーンにおいて常に負荷がかかり、疲労しやすい筋肉です。

適切なケアで不調を招かないようにしましょう。

常に負荷のかかる場所はいったん不調に陥ると自力での回復が困難になりやすいです。

そういった場合は適切な施術を行い、回復させるのと同時に日常でのダメージを減らすための工夫も必要になってきます。

当院では筋肉の疲労を取る為の施術、日常での様々な体の使い方の指導を行っています。

既に膝や股関節周りに不調をお持ちの方は当院にご相談下さい。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ