プロが教えるストレッチの効果①柔軟性の維持

カテゴリ:その他の症状その他 |  更新日:2016.10.18

都営新宿線瑞江駅の目の前、みずえ駅前整体院です。

瑞江、一之江、篠崎にお住まいでガンコな肩こり、腰痛、頭痛でお悩みの方は当院にご相談下さい。

yorokobi100-625

今回はストレッチの効果の中でもとりわけイメージしやすい柔軟性の向上について解説します。

ストレッチによって筋肉の柔軟性が向上するとその筋肉が付いている関節の可動域が増え、動きも良くなります。

スポーツにおいてだけではなく日常においてもストレッチが重要だといわれる所以がここにあります。

柔らかな関節は日常においてもスポーツシーンにおいてもケガのリスクが下がり、動作が安定しスムーズになるからです。

そして、筋肉の伸びやすさは2つの要因によって決まります。

①筋肉を構成する筋繊維や筋膜などの伸びやすさ。

②筋肉がどれだけ脱力できているか。

以上の2点です。

①の言わば「筋肉の素材」はストレッチによって弾力性が下がり伸びやすくすることが可能です。

②の脱力についてですが、筋肉が力を発揮するのは「縮む方向」に対してです。

ストレッチを行うとこの無意識な力みを抑制することが出来るのです。

効果的なストレッチは①と②を急速に引き起こします。

しかも、ストレッチを継続的に習慣化することでその「脱力しやすい」「伸びやすい」状態を筋肉が覚え、本質的に変わっていくことが可能なのです。

ストレッチの効果については理解していただけたでしょうか?

中には昔から体が固くてストレッチをしてもイマイチ効果が感じられないという方もいらっしゃると思います。

そのような方は当院にご相談ください!

当院では肩こり腰痛、頭痛といった不快な症状だけではなく、体の固さといった体質の改善も得意としております。

お体の悩みを解決する手助けは当院にお任せください。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ