☆★椎間板ヘルニアによって起こる麻痺(その②)☆★ 頭痛でお困りなら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:健康情報腰痛皆様の声その他の症状 |  更新日:2019.01.31

整体を受けて肩こりが楽になった瑞江にお住まいの方の喜びの声

「腰痛がなくなり歩くのが楽になりました。」 - 女性 50代 瑞江在住


yorokobi100-625

椎間板ヘルニアによって起こる麻痺(その②)

もうひとつは「馬尾症候群」という、腰部椎間板ヘルニアです。

腰には、「馬尾」という馬のしっぽのように見える末梢神経の束が走っています。
馬尾は脊髄から出て、脳と脊髄を覆っているいちばん外側の膜につつまれています。この馬尾が強く締めつけられて起こるのが「馬尾症候群」なのです。

「馬尾症候群」、非常に重症の麻痺症状疾患で、尿や便が出なくなる障害が起こり、直ちに手術しないと後遺症が残るといわれています。
これは、筋肉に強いけいれんが生じ、その結果、大量のヘルニアが出て馬尾を締めつけ、麻痺を起こすものと考えられています。しかし、これもまた非常にまれでなものであります。

みずえ駅前整体院


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ