☆★坐骨神経痛とは?☆★ 頭痛でお困りなら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:健康情報腰痛皆様の声その他の症状 |  更新日:2019.01.27

整体を受けて腰が楽になった瑞江にお住まいの方の喜びの声

「立ち座りの時にあった腰の痛みが消えました。」 - 男性 30代 瑞江在住


yorokobi100-625

坐骨神経痛とは?

椎間板ヘルニアや狭窄症で起こるしびれは「坐骨神経痛」とも呼ばれています。「坐骨」とは、椅子に座った時、座面に当たるお尻の骨のことです。
坐骨神経痛は、腰から骨盤、お尻を通って足先にまで伸びている神経です。この神経に沿ってビリビリとしびれるような痛みを感じるのが坐骨神経痛です。

痛みは神経から脳に伝えられる電気信号です。坐骨神経痛は、坐骨神経の先端についている痛みセンサーが刺激を受け、それを脳に伝えているのです。つまり、坐骨神経そのものが圧迫されて痛みが出るわけではありません。
坐骨神経痛も、筋肉のこわばりが坐骨神経の痛みセンサーを刺激し、症状が出てくると考えられます。

みずえ駅前整体院


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ