☆★痛みは脳が危険を知らせる電気信号☆★ 頭痛でお困りなら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:健康情報腰痛皆様の声 |  更新日:2019.01.19

整体を受けて腰が楽になった瑞江にお住まいの方の喜びの声

「腰が痛くて子供の抱っこがつらかったのが、楽になりました。」 - 女性 30代 瑞江在住


yorokobi100-625

痛みは脳に危険を知らせる電気信号

痛みはどのようにして、脳に伝えられるのでしょか?
痛みは、例えば包丁で指を切ったときに感じる「痛い!」という瞬間的な「早い痛み」と、その後、いつまでも続く「遅い痛み」とがあります。

外傷などの刺激があると、脳は血管を収縮させるために、交感神経を緊張させ、出血を止まりやすくします。打撲などでは、血管が収縮すると血液の流れが悪くなり、筋肉に充分な酸素が運ばれなくなります。それにより、筋肉細胞が酸欠状態、つまり危険な状態になるのです。これに反応して、血液中の血漿から「遅い痛み」を起こす物質が放出されるのです。

また、知覚神経の先端には「痛みセンサー」がついており、この「遅い痛み」を起こす物質が付くことで痛みの電気信号が発生し、脳に伝わっていくのです。

みずえ駅前整体院


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ