プロが教えるストレッチ実践編、⑤腸腰筋-瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:腰痛その他 |  更新日:2016.10.31

東京都江戸川区瑞江駅の目の前、みずえ駅前整体院です。

瑞江、一之江、篠崎にお住まいでガンコな肩こり、頭痛、腰痛などでお悩みの方は当院にご相談下さい。

特に今回は慢性腰痛の方には必見の内容となっております。

yorokobi100-625

今回は骨盤に付着するインナーマッスル、腸腰筋のストレッチを紹介します。

耳慣れない名前かもしれませんが非常に重要な筋肉です。

この筋肉は背骨の腰の部分や骨盤の上縁の内側から太ももの骨(大腿骨)に向かって伸びている筋肉です。

腹部の内臓の背中側を通っているので普段は意識できません。

この筋肉は歩いたり走ったりする際に使われます。

この筋肉が原因で腰痛が起こることも多く、是非ともケアしていただき、腰痛の予防に役立ててください。


ストレッチを紹介する前に注意点の確認を行います。

・無理は禁物、伸ばすのは物足りない位でちょうど良い、痛みを感じたらすぐに中止すること

・伸ばすのは10秒~15秒、長すぎても短すぎてもダメ

以上の2点です、これは効果を得つつケガを防止するためにも非常に重要です、必ず守ってください。


それでは実践していきましょう。

①まずうつぶせに寝て伸ばしたい側の脚を横に出し、膝を曲げます。

dsc01129

②背筋を真っ直ぐ伸ばしたまま腕で上半身を支え起こします。

この時に腰が浮かないようにしてください。

腰が浮いたり背中が反りすぎたりたりすると上手く伸びてくれません。

また、頭がうなだれるても上手く伸びません。

難しいですが少しずつ姿勢を調整しながら気持ちいい角度を探しましょう。

dsc01131

どうしても出来ないという方は腸腰筋が固すぎるのかもしれません。

その場合、片脚を横に出さずそのまま状態を起こしてみてください。

出来ましたか?

腰痛の原因は様々で、今回の腸腰筋だけが原因ではない場合もあります。

また、強い痛みがあるのに無理をして反らすと腰痛を悪化させることもあります。

痛みが強い場合はくれぐれも無理をしないでください。

当院はこういった判断の難しい腰痛に対する実績もございます。

腰の痛みがひどい場合は絶対に無理をせず当院にご相談下さい。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ