プロが教えるストレッチの基礎知識、骨盤を左右に傾けるー瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:健康情報腰痛 |  更新日:2016.10.03

都営新宿線瑞江駅の目の前、みずえ駅前整体院です。

瑞江、篠崎、一之江エリアでガンコな肩こり、腰痛にお悩みの方は当院にお任せください。

yorokobi100-625

今回は骨盤を左右に傾ける動き(側屈)を紹介します。

この動きも腰痛を予防する上で非常に大切です。

しかし実際は思うように動かすことが出来ない方も多いようです。

この動きのポイントも骨盤の前・後傾と同じく

①みぞおちを中心に動かす

②肩が動かないよう固定して動かす

となっています。

では、早速やってみましょう。

両手を腰に当て、肩の位置をキープしたまま腰を横につき出します(写真では右につき出しています)

フラットな状態                  ○正しい側屈                   ×間違った側屈

dsc01050  dsc01052  dsc01051

出来ましたか?

特に間違えやすいのは骨盤の前後傾と同じく肩のラインも崩れてしまい、上半身が骨盤ごと横に倒れることです。

また、動きを実感しづらい方は脇腹(みぞおちの高さ)を指先で触れその位置を中心に腰をつき出しましょう。

この動きも一日に左右各10回繰り返していきましょう。

前回紹介した骨盤の前後傾と今回の左右傾を組み合わせるとよりダイナミックに骨盤を動かすことが出来ます。

やり方は、前傾⇒左傾(右傾)⇒後傾⇒右傾(左傾)

という感じでぐるぐると腰を回すことが出来ます。

くれぐれも肩を動かさないようにしましょう。

柔らかな体幹を手に入れて腰痛の予防はもちろん、正しいストレッチができる体を手に入れましょう。

次回紹介するのは肩甲骨の動きについてです。

肩こりでお悩みの方には必見の内容となっています。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ