その腰痛はこの筋肉が原因かも・・・?  瑞江の腰痛に強い整体、みずえ駅前整体院

カテゴリ:腰痛すこやかの道しるべ |  更新日:2015.06.18

都営新宿線瑞江駅から徒歩1分以内、みずえ駅前整体院です。

今回は「すこやかの道しるべ」で腰方形筋という筋肉をご紹介いたします。

恐竜(腰方形筋)

腰方形筋はあまり聞きなれない筋肉だとは思いますが、とても大事な働きをしています。

腰方形筋は四角形の筋肉であり、両側の肋骨の下部と腸骨稜(骨盤の一部、よく「こしぼね」と言われる所)に付着しています。腰椎(背骨の腰の高さにある5つの骨)の側面にも付着しており、これらすべての付着部は屈曲を多く行うブイであり、上体全体を支える為、手この作用が腰方形筋にはあります。

この筋肉の働きは、腰を左右に倒す動きや骨盤と腰椎を安定させる動きの他に、咳やくしゃみなど強制呼気を補助するというものがあります。

この筋肉が不調を起こすと体を左右に倒しづらくなるのはもちろん、坐骨神経痛の症状を引き起こすことがあります。

筋肉が緊張することにより骨盤を引き上げ、見かけ上の左右の脚の長さのアンバランスを引き起こすこともあります。

長座をしてご自身の足の長さをよく見てみると数センチずれている方もよくいらっしゃいます。そういう体のゆがみが腰への負担を増やし、腰痛がなかなか改善しない方も多いです。

次回はこの筋肉のケアの仕方をご紹介いたします。

つづく

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ