☆★良質な睡眠のコツはナマケモノ・・・?☆★ 瑞江・篠崎で腰痛、肩こり、慢性疲労などでお困りなら【みずえ駅前整体院】にお任せください!

カテゴリ:肩こり健康情報腰痛頭痛自律神経 |  更新日:2018.06.04

「変形性の膝の痛みが楽になりました」 - 女性 主婦 50代 瑞江在住

江戸川区瑞江駅目の前、徒歩一分にあるみずえ駅前整体院です。

本日6月4日は旧「虫歯予防デー」です。現在は4日から10日までの期間、「歯の衛生週間」となっているようです。

肩こりや腰痛、頭痛などで辛くなりカイロプラクティックで辛さから解放される方はとても多いです。しかし、痛みが強い時は施術を受けたりセルフケアとしてストレッチや体操を行う方は多いのですが、痛みがなくなると徐々にその習慣を怠りがちです。

肩こりや腰痛は虫歯のようなものです。虫歯が治ったから今日から歯を磨かなくていいとはなりません。むしろ、今後虫歯にならないようによりしっかりと歯を磨いたり、虫歯にならないような食生活を心がける必要があります。

日々の生活で肩や腰に疲れは必ず蓄積されていきます。虫歯予防で歯を磨くように、セルフケアで日々の疲れを取れるだけ取っておく必要があります。ご自身では取りきれない疲れや歪みはプロのカイロプラクターにお任せください。

痛みを繰り返さない為の生活習慣指導も行っています。


yorokobi100-625

睡眠の環境を見直すと・・・?

睡眠環境は、音や光、温度や湿度といった周囲の状況や、枕や布団といった寝具の心地よさなどで変わります。

周囲がうるさい中で寝たり、テレビをつけたままで寝ていたりする人もいると思います。たとえ本人が気にならなくても、脳には影響があり、眠りが浅くなってしまっている可能性があります。

寝室の明るさも大切です。寝る前に強い光を浴びたり、蛍光灯をつけておいたりすると、脳は覚醒しようとし、なかなか眠れなくなります。

寝具も睡眠においては重要です。寝ている時の姿勢は、立ち姿勢を保つようにするとよいとされています。
また、寝ている最中、ほとんどの人が寝返りをうつと思います。これは、同じ姿勢でいると体の一部分だけが圧迫され、血液が停滞するため、それを和らげるための動きなのです。
正しい姿勢で寝ていると、寝返りは少なくなります。朝起きたとき、体の一部にコリを感じたりするなら、寝具が原因と考えられるかもしれません。

「怠け者」のイメージのある昼寝ですが、実は昼寝も疲れをとるのに効果的な方法です。
人は、ただ立っているだけで疲労因子が出てきます。その反面、横になって目をつぶっているだけで疲労因子が減り、疲労回復物質が働きやすくなり、疲れが癒えるのです。

しかし、何時間も寝てしまっては、夜の睡眠の質が落ちる可能性もあるので、あくまで「仮眠」として昼食後から午後3時の間、20~30分ほど寝るのが効果的とされています。

 

みずえ駅前整体院 koe-banner01オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ