☆★横隔膜を整えると・・・?☆★ 瑞江・篠崎エリアで整体、頭痛、肩こりなら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:肩こり腰痛頭痛自律神経 |  更新日:2018.02.07

「呼吸困難にならなくなりました^^」 - 女性 会社員 50代 瑞江在住

江戸川区瑞江駅目の前、徒歩一分にあるみずえ駅前整体院です。

瑞江・一之江・篠崎エリアで肩こりや腰痛にお困りの方はぜひ一度みずえ駅前整体院にご相談下さい。

呼吸がしにくい、病院では異常がないと言われたがめまいや吐き気がすると言った辛い症状にもカイロプラクティックはお力になれるかもしれません。お気軽にご相談下さい。

 


yorokobi100-625

 

今回は横隔膜を刺激して内臓のコンディションを整える方法を紹介します。

 

横隔膜は肋骨で覆われた胸郭という空間の底の部分に位置する筋肉です。

 

息を吸う時に下方に下がり胸郭を広げて肺に空気を取り込みます。

 

しかし、横隔膜の働きはそれだけではありません。

 

この部分が硬くなると心肺機能の低下や胃の不調さらには腰や背中の筋肉の働きや姿勢にも影響がでてきます。

 

普段からきちんとケアを行い柔軟な状態を保ちましょう。

 

①肋骨の下に指を差し込み上半身を前に倒しながら3秒かけて鼻から息を吸いましょう。

 

息を吸ったら今度は口をすぼめ3秒かけて息を吐きます。

 

 

②次に場所をずらします。

 

①の場所から指2本分、今薬指があるあたりに人差し指がくるように指先を移動します。

 

移動したら①と同じ様に3秒かけて鼻から息を吸い、口をすぼめて息を吐きます。

 

 

 

③②より肋骨に沿わせるように指2本分外側に指先を動かします。

 

移動したら同じく3秒かけて鼻から息を吸い、3秒かけて口をすぼめて息を吐きます。

 

 

出来ましたか?

 

座ってやりづらい方は仰向けに寝て両ひざを立ててやってみましょう。

 

座って行うより簡単だと思います。

 

 

 

カラダの中心のケアをきちんと行い、元気なカラダを維持しましょう。

 

 

 

 

みずえ駅前整体院

koe-banner01オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ