【呼吸とヨガの関係2】-瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:肩こり健康情報腰痛頭痛自律神経 |  更新日:2017.05.29

今日は朝から良いお天気です。

気持ちのいい天気ですが日差しも強くなってきています。

水分をこまめに摂るなど熱中症対策をきちんと行い体調管理に気を付けましょう。


yorokobi100-625

 

今回はヨガにおける呼吸との関係性について紹介します。

 

ヨガでは内臓の働きや体温など生命活動に必要不可欠なエネルギーを「プラーナ」と呼んでいます。

 

ヨガの目的はこの「プラーナ(=生命エネルギー)」の流れをコントロールし整えることを目的の一つとしています。

 

このように紹介すると漠然としていますが現代医学においても重要な課題といえます。

 

生命エネルギーが満ちた状態とは血液の循環、呼吸、消化、吸収、排せつ等といった体内システムが正常かつ活発に作動していることと言い換えることが出来るからです。

 

人間は健康な状態にあれば思考は前向きになり、活力が湧いてくるものです。

 

カラダの健康状態と精神の健康状態は密接に関係しています。

 

よどみのない思考や安定した精神状態は元気なカラダ、生命エネルギーに満ちたカラダが必要に不可欠なのです。

 

そして、ヨガにおいて生命エネルギーをコントロールする代表的な方法が呼吸なのです。

 

呼吸を整えることで体全体の調和が取れ、健康なカラダと心が育まれる、ということなのです。

 

なぜかというと、息を吐くことで体から不要な力を抜くことが出来ます。

 

人間はストレスを感じると無意識に体に力が入ります。

 

この無意識に入った力を抜くために最適なのが深呼吸です。

スポーツの経験がある方は「肩の力を抜きなさい」というアドバイスを受けたことがある方も多いと思います。

 

これは試合などの重要な場面で緊張感がストレスとなり、体に不要な力が入っている状態を打開するためのアドバイスです。

 

そしてそのアドバイスを受けた後、ほとんどの方が実践しているのが深呼吸です。

 

からだから不要な力が抜けると自律神経にもプラスの効果があらわれます。

 

日常の中で緊張を解くことにより、自律神経が整いやすくなるのです。

 

 

もちろん電気のスイッチの様に瞬間的に切り替わるわけではありませんが、意識して行う事で切り替えがしやすくなるのは事実です。

 

普段から呼吸を意識して体にとって良い環境を整えてあげることを意識しましょう。

 

 

みずえ駅前整体院

ekiten-banner

koe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ