運動の疲れとデスクワークでの疲れは同じもの?  -整体のプロが教えます! みずえ駅前整体院ブログ-

カテゴリ:健康情報自律神経 |  更新日:2015.01.09

江戸川区瑞江のみずえ駅前整体院です。 瑞江・一之江・篠崎にお住いの方でお困りの症状があれば、ぜひ一度当院の整体を受けてみてください。

「疲労スッキリ」シリーズ第2回

今回は「疲労」の種類についてお伝えします。

運動をすると動かした部分が疲れます。

デスクワークを長時間続けると筋肉痛のような痛みはなくても肩がこったり、全身だるくなったり、頭がぼーっとすることがあると思います。

体を動かしているかそうでないかで疲れの感じ方は違いますが、じつは運動もデスクワークも疲れ自体は同じです。

疲れのメカニズムというものは「ある部位の細胞に負荷をかけた作業をすると細胞が酸化され、さびることによってその部位の機能が低下していく」ということになります。

運動の後には体が疲れます。これは筋肉の細胞が活性酸素による酸化ストレスで細胞がさびて傷ついたためです。

デスクワークでパソコンを長時間使用して頭を使った作業をこなすと頭が疲れます。これは脳細胞や自律神経の細胞などがさびて傷ついたせいです。

疲れというものはすべて、細胞がさびて傷つくことで起きるもので、部位によってその自覚症状が違うだけです。

このことは、どんな疲れでもアプローチするやり方が同じであるともいえ、全身の疲れは一度に和らげられるという事を示唆しています。

当院では全身レベルで血行を良くし、細胞に十分な酸素や栄養が届けることができるように皆様の回復のお手伝いをしております。カイロプラクティックには筋肉の痛みの改善、関節の調整によるゆがみの解消だけではなく、乱れがちな自律神経の改善効果も科学的に立証されています。

日常生活で疲れが抜けないと感じる方は、ぜひ一度当院にご相談下さい。

オンライン予約バナー

入浴鳥通称:肩こりスッきりんジャー(大)


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ