マッサージで楽にならなかった肩のツラさでお困りでしたら瑞江・一之江で人気の【みずえ駅前整体院】 ☆★タンパク質はどれくらいの量が必要なのか?☆★

カテゴリ:肩こり健康情報症状の説明皆様の声 |  更新日:2018.11.19

整体を受けて肩こりが楽になった瑞江にお住まいの方の喜びの声

「定期的にする身体のチェックの大切さを実感しました。」 - 男性 30代 瑞江在住

*********************************************

江戸川区瑞江駅目の前、徒歩一分にあるみずえ駅前整体院です。

今日、11月19日は「緑のおばさんの日」だそうです。

1959(昭和34)年のこの日、通学する児童を交通事故から守るための学童擁護員(緑のおばさん)の制度がスタートしたそうです。

暑い日も雨の日も寒い日も「緑のおばさん」は交差点に立って、児童を守ってくれていますよね。

緑のおばさんに負けないように、みずえ駅前整体院一同、日々精進していきます。


yorokobi100-625

タンパク質はどれくらいの量が必要なのか?

1日に必要なタンパク質の量は、どれくらいなのでしょうか?

炭水化物、脂質、タンパク質の3大栄養素の割合でいうと、一般的にタンパク質が占める比率は、1日に摂る総エネルギー量のおよそ15%に相当します。具体的に見ていくと、体重1㎏当たり必要なタンパク質の量は1g摂れていれば、ひとまず大丈夫です。ただし、それなりの運動負荷を体に与える時は、その運動に耐えられる筋肉を維持するためのタンパク質が必要になります。

筋トレをする人なら、1.6g~1.7gが適正量となります。といっても、肉類を100g強摂ればよいというわけではありません。100%タンパク質で構成されている食品はないため、その食品に含まれているタンパク質量を考えながら摂る必要があります。また、体が一度に吸収できるタンパク質量は40g程度です。一度の食事でこの数値をカバーできればいいのです。その際には、植物性と動物性のタンパク質をうまく組み合わせて食べることが重要です。

みずえ駅前整体院


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ