マッサージで楽にならなかった肩こりでお困りでしたら瑞江・一之江で人気の【みずえ駅前整体院】 ☆★低体温症が増えている!?①☆★

カテゴリ:食生活アドバイザー肩こり健康情報症状の説明自律神経その他の症状 |  更新日:2018.08.29

整体を受けて肩こりが楽になった瑞江にお住まいの方の喜びの声

「頭痛の頻度が減りました。」 - 女性 主婦 20代 瑞江在住

*********************************************

江戸川区瑞江駅目の前、徒歩一分にあるみずえ駅前整体院です。

今日は「焼肉の日」だそうですよ!テンション上がりますね!

全国焼き肉協会が1993年から実施してます。「やき(8)に(2)く(9)」の語呂合せ。わかりやすい。

地域社会への貢献と販売促進を目的とし、全国各地の加盟店が、社会福祉施設等をお店に招待したり、出張バーベキュー等を行っているそうです。

丈夫なカラダをつくる上で、またカラダの不調を回復させるためにも、良質なタンパク質とアミノ酸、そして適度な脂質が必要です。みずえ駅前整体院では「食生活アドバイザー」が様々な観点から、カラダを内側から変えていくためのアドバイスも行っております。

どうぞお気軽にご相談下さい。


yorokobi100-625

低体温症はなぜ起こる?①

近年は34~35度台の体温の人が増えており、これは、凍傷の初期段階一歩手前の状態となっています。
原因は、外気温で冷やされるほか、体温を上げる能力が低下した場合もあります。

まず、極度の疲れなどから背骨全体が硬直します。
極度の疲れ、呼吸器の機能低下などで前屈し、肩や背中の筋肉が引っ張られます。両筋肉とも背骨を起点にしているため、広く背骨が硬直します。
広く背骨が硬直するのが、低体温症の特徴のひとつです。

続いて、汗と腎臓に関する急所が強く硬直します。
特に汗と関連深い筋肉、腎臓に関連深い筋肉が強く硬直し、汗をかきにくくなり、夏場や運動後などの体温調節機能が働かなくなる。
また、硬直が神経を伝って腎臓へ到達します。

→次回へ続く

みずえ駅前整体院

koe-banner01オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ