マッサージで楽にならなかった肩こりでお困りでしたら瑞江・一之江で人気の【みずえ駅前整体院】 ☆★ぜんそくと身体の状態☆★

カテゴリ:肩こり健康情報症状の説明自律神経 |  更新日:2018.08.17

整体を受けて肩こりが楽になった瑞江にお住まいの方の喜びの声

「肩の重だるさが消えました!」 - 女性 会社員 30代 瑞江在住

*********************************************

江戸川区瑞江駅目の前、徒歩一分にあるみずえ駅前整体院です。

今日はパイナップルの日だそうです。株式会社ドールが制定。「パ(8)イ(1)ナ(7)ップル」の語呂合せ。

沖縄のパイナップルといったらピーチパインとスムース・カイエンが有名ですね。ピーチパインの旬の時期は3~6月、スムース・カイエンの旬の時期は6~7月頃になります。パイナップルは世界中で通年生産されているので、食べようと思えばいつでも食べられますが、国産にこだわるのならこの初夏から夏の間が狙い目ですね。


yorokobi100-625

ぜんそくの発症

気管支ぜんそくの場合、息が苦しくなり「ゼイゼイ」という呼吸音をともないます。
アレルギー物質への過剰反応や、精神面の影響で生じる場合があります。

ぜんそくの人は、肺に関する神経が出ている胸椎にもともと力がなく、硬直状態になります。
また、常に前屈姿勢のため、胸郭が圧迫されています。そのため、発作時には胸郭を広げて楽になろうと肩で息をしようとします。

続いて、背中が引っ張られ、呼吸を助ける筋肉が緊張します。
胸郭が圧迫されるため、背中が引っ張られます。肋骨下部と、肋骨を動かして呼吸を助ける役割のある筋肉に負荷がかかります。
発作時に息を吐けないのは、ここが硬直するからです。

そして、筋肉の緊張が背骨へ伝わって過敏な状態になります。
肋骨の緊張は、胸骨、腰椎へも伝わり、軽い緊張状態が続きます。
そこで、強いストレスや食べ過ぎ、ホコリなどの刺激を受けると、筋肉が一気に強く硬直するのです。

最後には、呼吸を妨げ、肺を直接的に刺激し、発作になります。
胸椎、腰椎が強く引っ張られると、呼吸が妨げられ、真裏から肺を刺激し硬直させます。それを緩めようと連続で咳き込むのが発作なのです。

背中や肩周りの筋肉が緊張すると、息がしづらくなり体力も衰えます。慢性的な背部痛や肩こりはみずえ駅前整体院にお任せください。

みずえ駅前整体院

koe-banner01オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ