マッサージで楽にならなかった肩こりでお困りでしたら瑞江・一之江で人気の【みずえ駅前整体院】 ☆★慢性疲労は何故起こる・・?☆★

カテゴリ:肩こり健康情報症状の説明腰痛自律神経その他の症状 |  更新日:2018.08.11

整体を受けて背中の痛みが楽になった瑞江にお住まいの方の喜びの声

「血のめぐりが良くなった気がします。」 - 女性 主婦 50代 瑞江在住

*********************************************

江戸川区瑞江駅目の前、徒歩一分にあるみずえ駅前整体院です。

今日は『山の日』ですね。

山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する国民の祝日として2014年に制定する祝日法改正法が可決され、2016年から施行、「海の日もあるなら山の日も」ということで制定運動が起こったことがはじまりみたいです。当初お盆前の8月12日とする予定だったみたいですが、日航123便墜落事故と同じ日であるとして反対され、8月11日となったようです。

せっかくの祝日ですので、近場に登山など計画されてみては。


yorokobi100-625

慢性疲労が起こるメカニズム

慢性疲労は、正式には「慢性疲労症候群」と呼ばれ、強い疲労感が続くのが特徴です。
だるさ、筋力低下、思考力低下、睡眠障害など、症状はさまざまです。

まず初めに、疲れや呼吸器の不調から前屈姿勢になります。
腕の疲れや呼吸器の不調、強いストレスがあると、必ず背中が丸まり方が落ちます。
そして前屈姿勢になることで、胸椎の筋肉や神経に影響を及ぼし、心配の機能が低下します。

続いて、前屈姿勢によって心臓への負担が増します。
前屈姿勢が心臓を圧迫し、筋肉の硬直が神経を伝わって肺や心臓へ到達するため、心臓への負担が一気に増します。
また、硬直した胸椎の影響が、徐々にまわりへと広がっていきます。

そして、体内の水分調節と老廃物排出が難しくなります。
心臓への負担増加により血流が悪くなり、酸素や栄養が全身で不足の状態になります。
また、胸椎の筋肉が硬直することで、汗がかけなくなり、体内の老廃物が血中に溜まり始めます。
腎臓が血液をろ過して尿で排出しようとしますが、やがて追いつけなくなってしまいます。

最後に、各部の機能不全が重なって慢性疲労になるのです。
心臓に機能低下、血液循環の悪化、全身の酸素・栄養不足、血中の老廃物の蓄積、汗をかけずに水分過剰、腎臓の機能低下…など、
さまざまな症状が重なることで、疲労回復できない状態が続いてしまうのです。

みずえ駅前整体院

koe-banner01オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ