マッサージで楽にならなかった肩こりでお困りでしたら瑞江・一之江で人気の【みずえ駅前整体院】 ☆★肩こりはどのようにして起こる・・?①☆★

カテゴリ:肩こり健康情報症状の説明頭痛自律神経 |  更新日:2018.08.07

整体を受けて肩こりが楽になった瑞江にお住まいの方の喜びの声

「頭痛の頻度が減りました。」 - 女性 主婦 20代 瑞江在住

*********************************************

江戸川区瑞江駅目の前、徒歩一分にあるみずえ駅前整体院です。

台風が関東に接近している影響で、東京は朝から雨模様です。しかしながら、8月に入り酷暑が続いていた中でいうと、恵みの雨と言ってもいいのではないでしょうか。

昨日までとは違い気温も30度以下で過ごしやすい状況ですが、急な環境の変化や雨模様での体調の変化、頭痛や腰の痛み・膝の痛みが出てきている方は、みずえ駅前整体院にご相談下さい。


yorokobi100-625

肩こりの発症 その①

腕から肩へ疲労が伝わる、典型的な肩こりについてみていきましょう。
原因が日常生活に欠かせない作業のため、改善が難しい場合が多いです。

まず初めに、疲れた手指を前腕の筋肉がフォローしようとします。
手首から先の筋肉は細かいものが多く、それぞれが連動して動いているため、非常に疲れやすいのです。
それをフォローしようと、前腕の筋肉が使われます。この時点では、疲労はあまり自覚されにくいです。

次に、前腕の疲れを上腕の筋肉がフォローします。
手指の疲れを前腕がフォローすることで、ひじから先も疲れが出はじめます。ここで腱鞘炎の症状が出る場合もあります。
疲労が蓄積すると、二の腕まで動かすようになり、上腕の筋肉が酷使されます。

そして、疲労で肩から腕全体が筋肉の硬直を起こします。
上腕の筋肉は肩の骨や肩甲骨とつながっているため、肩周辺の筋肉が酷使されます。
肩周辺の筋肉には、細かい作業に向かない筋肉なので、すぐに疲れ、硬直してしまいます。

最後に、肩周辺の硬直が慢性化し、しつこい肩こりにつながります。
肩周辺の筋肉の疲れが解消されないうちに作業を始めると、さらに周囲の筋肉がフォローしだします。
しかし、可動域が限られているため、すぐに慢性的な硬直に移行してしまいます。これが肩こりとして自覚されるのです。

みずえ駅前整体院

koe-banner01オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ