【フラダンスの動き!?骨盤の可動域②】-瑞江・篠崎・一之江で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:スポーツ整体肩こり症状の説明頭痛自律神経その他の症状 |  更新日:2017.08.11

東京都江戸川区、都営新宿線瑞江駅の目の前、みずえ駅前整体院です。

 

今日は天気もあまり良くないです。

 

気温も昨日に比べかなり涼しくなっています。

 

このような大きな変化があるとカラダにも大きな負担がかかります。

 

自律神経が乱れやすくなり、肩こりや肩こりからくる頭痛などの症状に対し敏感になります。

 

普段より体の疲れや上記の様な体の辛さを感じている場合は自律神経が乱れているかもしれません。

 

当院のカイロプラクティックは慢性的な疲れの解消や肩こりや肩こりからくる頭痛の改善はもちろん、カラダの緊張を緩めることにより自律神経が整いやすい体調へ導くことを得意としています。

 

お体のお悩みは当院にご相談下さい。

 


yorokobi100-625

 

今回は骨盤の動きから「左右の傾斜」を紹介します。

 

この左右の傾斜は癖になっていると日常生活において困った症状を引き起こします。

 

一例を挙げると右(あるいは左)の片側の腰が痛いという左右差がある腰痛です。

 

骨盤が傾き重心のバランスが左右均等でなくなった場合起こりやすい症状です。

 

しっかりと左右均等に傾けられるかを確認しましょう。

 

傾けた際にどちらかが痛い、あるいは動かしづらいと感じた方は骨盤周辺の左右のバランスが崩れている可能性が高いです。

 

それでは動作を紹介します。

 

 

 

左傾斜

 

骨盤の左側を下げる動きです。

 

右側の腹部の筋肉(腹斜筋)が働くことにより右側が引き上げられ左側が相対的に下がります。

 

動作は下の写真を参照してください。

 

  

 

 

右傾斜

 

骨盤の右側を下げる動きです。

 

左側の体幹の筋肉(腹斜筋)が働き、骨盤の左側が引き上げられ、右側が下がります。

 

動作は下の写真を参照してください。

 

  

 

この動作は上半身を支えている骨盤がきちんと左右に安定しているかを確認するためにも効果的です。

 

大きな鏡の前などで左右均等に動かせるか確認してみましょう。

 

左右均等に動かせない、動かすと違和感があるという方は痛みがなくとも要注意です。

 

普段から左右のバランスが崩れているかもしれません。

 

この場合、腰だけではなく体重を支える脚にも不均等にダメージがある場合もあります。

 

体の歪みの矯正は当院のカイロプラクティックの得意とするところです。

 

体の歪みのケアを行いイヤな痛みを予防しましょう。

 

 

 

 

みずえ駅前整体院

 

 

ekiten-banner

koe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ