【○○を模したポーズで腰痛対策!?】ガンコな腰痛、肩こりはみずえ駅前整体院にご相談下さい。

カテゴリ:健康情報症状の説明腰痛 |  更新日:2017.05.09

今日もさわやかなお天気が続いています。

このような陽気はついつい歩きたくなったりと体を動かしたくなるものです。

普段よりも急に運動量が増えると体には予想以上の負担がかかります。

キチンとお体のケアを行いましょう。


yorokobi100-625

今回は「コブラのポーズ」を紹介します。

 

このポーズは蛇が首を持ちあげた姿に似ているところから名づけられました。

 

お腹周りや胸が大きく広がるポーズで肺機能を高める効果を期待できます。

 

また、普段猫背がちで腰に負担がかかり痛みが出ている方は大きく腰を反らせ、普段と反対方向に伸ばすことで腰の筋肉をケアすることも出来ます。

 

首や腰の一部だけでなく首、背中、腰と全体的に大きくゆっくり反らせましょう。

 

それでは紹介していきます。

 

 

 

まず、うつぶせになり両手を胸の横に置きます。

その状態から両手で支えながら上半身を起こします。

肩に力が入り上がると首が詰まってしまうので肩が上がらないように気を付けましょう。

 

さらに胸の中心を天井側に引き上げるように意識し目線はやや斜め上に向けます。

下の写真を参考にしてください。

 

腰を大きく反らせるのが怖い、反らせた方が痛いという方は無理はしないでください。

 

また、お年寄りなど体力に自信のない方やカラダが硬い方は腕で突っ張って支えるのではなく、両肘を床につき反らせましょう。

これだけでも十分に反らせています。

 

腰は極力無理な負担をかけたくない場所ですので痛みを我慢しながら行う様な事はしないでください

 

当院はこのようなセルフケアの方法のみならず、自力ではどうしようも無い辛さをお持ちの方からの相談もたくさん寄せられています。

 

そのつらいお体痛みやコリを諦めないでください。

 

カラダのケアを始めるのが遅すぎるという事は決してありません。

 

そのお体のお悩みは当院にご相談下さい。

 

 

 

みずえ駅前整体院

koe-banner01

オンライン予約バナー

 


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ