【腰の負担を軽くする座り方】-瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:肩こり症状の説明腰痛 |  更新日:2017.04.11

東京都江戸川区、瑞江駅南口の目の前、みずえ駅前整体院です。

今日は朝から雨が降っています。

また、肌寒くもありなかなか気候が安定しません。

このような不安定な気候は自律神経を乱します。

また腰痛や肩こり、肩こりかくる頭痛なども出やすくなります。

体のメンテナンスをきちんと行い不快な症状を予防しましょう。


yorokobi100-625

当院に腰痛の相談にいらっしゃる方の中でも特に多いのがデスクワークをされている方です。

 

それだけ「座る」という行為は難しく、正しく座れないと腰に大きな負担をかけてしまうのです。

 

では、正しい座り方とはいったいどういった座り方なのでしょうか?

 

間違った座り方を続けていると腰への負担も大きくなり、腰痛の原因になります。

 

今回紹介する腰に負担の少ない座り方を日常で実践してみてください。

 

まず、間違った座り方ですが現代人は椅子に浅く腰掛けることが多く、背中とイスの背もたれの位置が遠くなります。

 

この状態で背もたれを使おうとするとどうしても骨盤は後ろに倒れてしまい骨盤は不安定になります。

 

このような座り方は腰への負担も非常に大きく、見た目にもだらしない印象に映るので正しい座り方を行いましょう。

 

まずは軽くお辞儀をするような姿勢でお尻を椅子の背もたれのところまで持って行き深く腰掛けましょう。

 

骨盤がしっかりと背もたれに当たってから少しずつ上半身を起こしてきます。

 

背もたれが後ろから骨盤を支えてくれるので骨盤が後ろに倒れることはなくなると思います。

この状態であれば骨格が上半身の重さを支えてくれて腰の筋肉にはあまり負担がかかりません。

 

この姿勢の時に気にしたいのが「坐骨」(骨盤の下面にある骨の名称)です。

 

座っている時にお尻の下にゴリゴリするような感触があればそれが坐骨です

 

普段の自身の座り方を見直し、負担が少ない座り方を行い腰痛を予防しましょう。

 

みずえ駅前整体院

koe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ