【腰痛になりやすい性格とは・・・?】-瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:健康情報症状の説明腰痛 |  更新日:2017.04.10

東京都江戸川区、都営新宿線瑞江駅から徒歩一分、みずえ駅前整体院です。

今日は朝から天気も良く過ごしやすい日になりそうです。

しかし、雨の翌日は花粉の飛散量も上がるので花粉症の方は注意が必要です。

くしゃみの拍子に腰を痛めないよう注意しましょう。


yorokobi100-625

皆さんは腰痛と性格が関係しているという話はご存知でしょうか?

 

「そんなことがあるわけがない」と感じる方もいるかもしれませんが、腰痛と性格は切っても切れない関係にあります。

 

現在では精神的なストレスが腰痛を引き起こす要因の一つだと考えられています。

 

では、ストレスとはどういったものでしょうか?

 

簡単に言ってしまうと自身の生命に対し危険であるとかんじるモノのことです。

 

ストレスを感じると人間をはじめ動物は逃げるか戦うかの準備がカラダの中で整います。

 

その際に筋肉は緊張し、心拍数や血圧が上昇します。

 

人間の場合、ストレスを感じると筋肉が固まり、歪みも大きくなりやすくなります。

 

歪みが大きければ腰への負担も大きくなり、腰痛がでる、という流れです。

 

 

ここで冒頭の性格の話に戻りますが、おおらかな人と繊細な人を比べてみた場合繊細な人の方がストレスを受けやすいと思います。

 

繊細な人は仕事でもプライベートでも子も夜間殊によく気がつきますが、それらを気にし過ぎる傾向があり、それがストレスの原因になっている場合が多いようです。

 

一方でおおらかな人はというと大抵の事をあまり気にせず、多少気になったとしても気持ちの切り替えが早く、ストレスを感じるまで物事を抱え込まない方も多いようです。

 

 

また、繊細な人は自身の体調の変化にも敏感な傾向があります。

 

しかし、体調を気にし過ぎると今度はそれが新たなストレスの種となりカラダが緊張しやすくなりなります。

 

また、腰痛を気にし過ぎると精神面でも疲れてしまいます。

 

するとまた体の緊張が強まり、痛みからくる不快感で更に精神的なストレスも増す・・・

 

という負の連鎖が続いてしまいます。

 

体調を整え、体のケアを始めるのに遅すぎるということはありません。

 

当院では沢山の方の腰痛に対する実績が有ります。

 

お体のお悩みは当院にご相談下さい。

 

 

 

みずえ駅前整体院

koe-banner01オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ