【ストレッチの有用性とは・・・?】-瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:肩こり症状の説明腰痛頭痛 |  更新日:2017.03.31

東京都江戸川区、瑞江、篠崎、一之江エリアでガンコな腰痛や肩こり、肩こりからくる頭痛といった症状を得意としている「みずえ駅前整体院」です。

季節の変わり目で暖かい日があったり寒さが戻ったりと中々気候が安定しませんね。

今日も夜には雨が降るとの予報が出ています。

カラダが冷えると腰痛や肩こり、肩こりからくる頭痛といった「不定愁訴」と言われる症状が出やすくなります。

きちんとカラダをケアして不快な症状を予防しましょう。

 


yorokobi100-625

前回の記事でカラダの歪みや腰痛、肩こりを解消するためには筋トレよりも筋肉の緊張を緩める方が良い、と紹介しました。

 

それでは自分でカラダを緩める方法として、「ストレッチ」を行うのはどうでしょうか?

 

 

ストレッチとは自分でカラダを動かし、縮こまった筋肉を伸ばすものです。

 

しかし、力加減を間違えたりして強く伸ばし過ぎるとかえって筋肉を傷つけてしまい、痛みが出ます。

 

そして痛みは生理的な防御反射のためかえってカラダを緊張させ伸ばしたかったはずの筋肉を更に固くしてしまいます。

 

筋肉を無理に引き延ばそうとするとかえってダメージになります。

 

極論ですが、柔道やレスリングなどの関節技は関節を固めることで筋肉や靭帯を引き裂くように力をかけてダメージを与えるものが数多く存在します。

 

「間違ったストレッチ」を行うことは自分に関節技をかけるような物と言っても過言ではありません。

 

それでは痛くないレベルのストレッチの効果はどうでしょうか?

 

自分で行うのであればこちらの方が安全にできる分適切であるといえます。

 

しかし、このレベルのストレッチではカラダの奥深くにあるインナーマッスルまでは十分に伸ばせない場合も多々見受けられます。

 

刺激としては物足りないのです。

 

普段から運動を行い金行くに十分な柔軟性がある方はこのような「弱めのストレッチ」でも十分に関節の可動域や筋肉の柔軟性を保てるかもしれません。

 

しかし、普段から腰痛や肩こりに悩まされているという方では残念ながらストレッチだけでカラダを緩め、歪みを解消できるかというと難しいと言わざるを得ません。

 

そこまで硬くなってしまった筋肉は人の手を借りて緩めるのが最も効果的といえるでしょう。

 

そうはいってもストレッチの効果が全くないという訳ではありません。

 

ストレッチが最大限に効果を発揮するのは「固まった筋肉を緩めること」ではなく「筋肉の柔軟性を維持すること」だからです。

 

当院で行う施術まず、固まった筋肉の緊張をしっかりと緩めること。

 

また、固まった筋肉の周辺の関節も動きが悪くなっている場合が多い為、関節の可動域を増やすということ。

 

そしてそうやって緩めたカラダの状態を長くキープするために必要な体操やストレッチの指導や日常生活のダメージを抑える為の姿勢指導を行っております。

 

この筋肉、関節、体操やストレッチ、姿勢を含めた生活習慣の指導で今ある痛みだけでなく、将来的に可能な限り痛みが出ないようカラダを変えていくことを目的とした施術を行っております。

 

ストレッチをやっているけどなかなか効果が出ないという方は一度当院にご相談下さい。

 

プロのカイロプラクターがあなたのお体に合った施術で全力で対応いたします。

 

みずえ駅前整体院koe-banner01オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ