【体幹を鍛えてスッキリボディを手に入れる為のエクササイズ】「簡単なトレーニングで効果抜群!」プロが教えるスロートレーニング実践編8 -瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:健康情報その他 |  更新日:2017.01.23

東京都江戸川区都営新宿線瑞江駅の目の前、みずえ駅前整体院です。

瑞江、一之江、篠崎エリアにお住まいでガンコな肩こり、腰痛、頭痛でお悩みの方は当院にご相談ください。

今朝は天気はいいですが冷え込みが厳しいです。

風邪やインフルエンザの予防はもとより、冷えからくる体の疲れや肩こりにも気を付けましょう。


yorokobi100-625

今回は前回に引き続き脇腹(内・外腹斜筋)のエクササイズを紹介します。

今回はダンベルを使用します。

「昔トレーニング用に買ったけど全然使ってない」という方はこれを機に有効活用しましょう。

また、ダンベルを持っていないという方もペットボトル等で代用可能です。

負荷はそこまで大きくなくて結構です。

まず、スタンバイの姿勢ですが、右手にダンベルを持ち左手を頭の後ろに添えます。

足は肩幅程度に開いてください。

①上半身を右に傾けて1秒キープしたらエクササイズスタートです。

②腕に力を入れず左の脇腹に力を入れて上半身を起こしてきます。

起こすときは息を吐きながら3秒かけて起こし、上半身を左に傾けます。

③息を吸いながら3秒かけて王半身を右に傾けていきます。

これを5回から10回を目安に行います。

左右交互ではなく、右手にダンベルを持って10回、左手に持ち変えて10回というよう  に片側ずつ行ってください。

このような普段の生活であまり使わない部位のエクササイズは筋肉痛を起こす場合があります。

エクササイズを行なった後は鍛えた部位をしっかりと休ませ回復させてあげましょう。

また、普段から腰痛をお持ちの方はエクササイズ中に痛みが強くなる場合もあります。

そのような状態でエクササイズを行なってもケガのリスクが上がります。

エクササイズを中断し、まずはトレーニング出来る体調作りから始めましょう。

当院は腰痛のケアや予防のための体操の指導も得意としております。

お体のお悩みは当院にご相談ください。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ