【○○でバストアップ!キレイなシルエットを手に入れる!!】「簡単なトレーニングで効果抜群!」プロが教えるスロートレーニング実践編5 -瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:健康情報その他 |  更新日:2017.01.20

東京都江戸川区、瑞江駅の目の前、みずえ駅前整体院です。

瑞江、一之江、篠崎エリアにお住まいでガンコな肩こり、腰痛、頭痛でお悩みの方は当院にご相談ください。

今日は冷え込みも厳しく、雪が降るという予報も出ています。

このような冷え込む日は特に肩こりや肩こりからくる頭痛がひどくなりがちです。

体を 冷やさないように防寒対策をしっかりと行いましょう。


yorokobi100-625

今回紹介するエクササイズのメニューはプッシュアップ(腕立て伏せ)です。

筋力トレーニングと言われると真っ先に思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

しかし、メジャーなエクササイズだからと言って誰しもが「正しく」「効果的」な方法で出来るかというとそうではないと思います。

今回のブログでは腕立て伏せの正しく、効果が上がるやり方を紹介します。

まずスタンバイの姿勢です。

20センチほどの高さの台を用意して下さい。

台がなければ雑誌などを重ねて代用しましょう。

用意した台の上に手を置きます、手の間隔は肩幅の1.5倍ほどに開いてください。

膝は地面につけ下腿(足の膝から下の部分)を交差します。

それでは始めましょう。

①肘を曲げていきますが、台に胸をつけないでください。

胸が台から少し離れている場所で一秒キープし、そこから開始します。

②肘をゆっくり伸ばしていきますが完全には伸ばしません。

肘が伸びきる前に再び①の姿勢にゆっくりと戻ります。

大事な呼吸についてですが、肘を曲げる時に3秒かけて吸い、伸ばすときに3秒かけて吐きます。

腕立て一回を6秒かけて行うと考えてください。

また、エクササイズ中に台に胸をつけたり、肘を伸ばしきってしまうと筋肉が休んでしまいトレーニング効果が落ちます。

注意してください。

この方法で5回から10回を目安にエクササイズを行ないます。

終わった後は必ずストレッチを行います。

このエクササイズに対するストレッチを紹介します。

胸を張り軽く反動をつけてリズミカルに肘を引きます、これを5回程行ってください。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ