プロが教えるストレッチ-動的ストレッチ⑫体幹の動的ストレッチ-瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:健康情報その他 |  更新日:2016.12.12

東京都江戸川区瑞江駅の目の前、みずえ駅前整体院です。

瑞江、一之江、篠崎エリアにお住まいでガンコな肩こり、腰痛、頭痛でお悩みの方は当院にお任せください。

朝晩の冷え込みが特にきつい日が続いています。

このような日は腰痛がきつくなる方も多く、当院にも沢山の相談が寄せられています。

慢性的な腰痛から急激に痛みが出る場合もあり、注意が必要です。

立てなくなるほどの痛みになる前にきちんとケアをしましょう。

yorokobi100-625

今回は体幹の動的ストレッチを紹介します。

今回のターゲットは体幹全体と縦に長い部位です。

全体をまとめてやるよりも体幹を上下に分けて行う方が効率よく動かせます。

体幹の筋肉は背骨を支え、姿勢を作ります。

猫背等の悪い姿勢が癖になっている方は無意識に疲労していることが多いのでしっかりと緩めましょう。

体幹が緩めば良い姿勢も取りやすくなり、肩こりや腰痛の予防にもなります。


動的ストレッチを行う際の注意点を紹介します。

・リズミカルに行うこと

・痛みがある場合は決して無理をしないこと

痛みが出て動作がうまくいかない方は動的ストレッチはまだ早いかもしれません。

そういう場合はまずは静的ストレッチなどでしっかりと動ける体を作りましょう。


①まずは体幹上部、胸の部分の動的ストレッチです

脚を肩幅に開いて立ちます。

腰を動かさず両肩を左右に回し、体幹上部をひねります。

どうしてもできないという方は椅子に座り、骨盤を固定して行いましょう。

dsc01288  ⇒  dsc01289  ⇒  dsc01290

②体幹を骨盤ごと大きくひねる動的ストレッチです。

腰ごと左右に大きくひねります。

dsc01288  ⇒  dsc01291  ⇒  dsc01292

この動的ストレッチで脇腹、腰、背中と非常に広い範囲を動かすことが可能です。

日常生活ではあまり大きく体をひねる機会もないと思います。

このような大きな動きで体の可動域を確保し、十分に動ける柔軟性を保ちましょう。

腰痛の予防にも効果があるので体幹の固さに不安がある方はぜひ試してください。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ