プロが教えるストレッチ-動的ストレッチ①大殿筋の動的ストレッチ-瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:健康情報その他 |  更新日:2016.12.01

都営新宿線瑞江駅の目の前、みずえ駅前整体院です。

瑞江、一之江、篠崎エリアにお住まいでガンコな肩こり、腰痛や頭痛にお悩みの方は当院にご相談ください。

今日は朝から寒く、あいにくの空模様です。

こういった日は肩こりからくる頭痛が酷くなる、という方も多くいらっしゃいます。

つり頭痛や肩こりを繰り返さない為にも、体のメンテナンスをしっかり行いましょう。

今回からスポーツマン必見のウォームアップ、動的ストレッチの紹介を行います。

今回はほとんどのスポーツや日常の動作で活躍する殿部(おしり)の筋肉、大殿筋の動的ストレッチの紹介です。

yorokobi100-625

この大殿筋は脚を後ろに引く動作や骨盤を支えるなど、多様な働きをしています。

きちんと伸ばし、柔軟性を保てるようケアしましょう。

また、この大殿筋は疲労し固く短縮すると骨盤を引き下げ、腰に負担をかけます。

お尻の疲労が腰痛の原因となっている方も多いので普段運動しない人でもきちんとケアをしましょう。


注意点を紹介します。

・リズミカルに行うこと

・痛みがある場合は決して無理をしないこと

痛みが出て動作がうまくいかない方は動的ストレッチはまだ早いかもしれません。

まずは静的ストレッチでしっかりと動ける体を作りましょう。


①軽くジョギングしながら左の膝を大きく引き上げ右手のひらでタッチします。

dsc01236

②その後3歩ジョギングしてください

dsc01237

③4歩目に右膝を大きく引き上げ左手のひらでタッチ

その後3歩ジョギングし、①に戻ります

dsc01239

出来ましたか?

回数は左右5回ずつを目安にしてください。

柔軟な筋肉はパフォーマンスも高まり、ケガをしにくくなります。

今回の動的ストレッチでスポーツライフをより楽しめるコンディションを整えましょう。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ