プロが教えるストレッチ-動的ストレッチ実践導入編-瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:健康情報その他 |  更新日:2016.11.30

東京都江戸川区、瑞江駅の目の前、みずえ駅前整体院です。

瑞江、一之江、篠崎エリアにお住まいでガンコな肩こり、腰痛や頭痛にお悩みの方は当院にご相談ください。

今朝は一段と冷え込みました、天気はいいようなので日中は暖かそうです。

こういった朝晩と日中の大きな温度差は体にとって負担となります。

特に寒い朝は腰痛がひどくなるという方も多いです、急な腰痛を予防するためにも普段から体のケアを行いましょう。

yorokobi100-625

前回のブログで動きながら緩める動的(ダイナミック)ストレッチというものがあると紹介しました。

この動的ストレッチはスポーツにおいてウォームアップとして取り入れられていることも多いです。

今回はなぜこの動的ストレッチがウォームアップに有効かということを紹介します。

スポーツ動作での柔軟性や可動域を上げるためには「動くことで伸ばされる筋肉」をいかに『脱力』させられるか重要なポイントになります。

例えば、太ももを上げる動作では、太ももを上げる瞬間に太ももの裏の筋肉(ハムストリングス)を脱力させないと上手く上げられません。

動的ストレッチでは動かすことで縮む筋肉とその反対側で伸ばされる筋肉の活動によってストレッチを行います。

この時ストレッチされる筋肉は素早く伸ばされます。

その際に起こる伸張反射(筋肉が急激に伸びすぎないよう起こる生理的反射)は抑えられます。

こうして邪魔になる生理的な反射を抑え、効率良くストレッチを行う動的ストレッチはスポーツにおけるウォームアップとして特に実践的といわれています。

定期的にスポーツを行う方はゆっくりと伸ばす静的ストレッチに加えてこの動的ストレッチを加えると良いでしょう。

ストレッチ効果に加え、リズミカルに動きながら行うため血液の循環も促されます。

また、現在運動習慣がない方はこの動的ストレッチを行うだけでもかなりの運動効果が見込めます。

充実したスポーツライフを送るためにもきちんとしたストレッチを行いケガを予防しましょう。

運動不足からくる肩こりや腰痛を予防するためにもおすすめです。

普段から出来る体のセルフケアとして動的ストレッチを取り入れましょう。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ