プロが教えるストレッチ-筋肉の豆知識 なぜストレッチが必要なのか-瑞江・篠崎で肩こり、腰痛、頭痛なら【みずえ駅前整体院】

カテゴリ:その他 |  更新日:2016.11.26

東京都江戸川区、瑞江駅の目の前、みずえ駅前整体院です。

ここ数日、寒かったり暖かかったりと気候が安定していません。

寒暖差が大きいと体は不調に陥りやすくなります。

当院にも肩こりや頭痛がいつもよりひどくなったという声が届いております。

きちんと体のケアをして不調を予防しましょう。


首が疲れた時、肩こりを感じた時、体にこわばりを感じた時などストレッチで筋肉の緊張を取ろうとしたことはありませんか。

今回はなぜ体にストレッチが必要なのか、その理由を紹介します。

肩こりや腰痛、頭痛をお持ちの方はぜひ読んでください。

yorokobi100-625

ストレッチとは固まった筋肉を伸ばし、緩めてあげることです。

筋肉が固まったままだと血液の循環が悪くなり代謝が落ちます。

血液は全身に「酸素」や「栄養」を運ぶほかに、「熱」を届ける役割も担っています。

筋肉が柔らかい状態であれば全身で「栄養」と「酸素」が運ばれ代謝が活発になります。

また、そのためには「熱」が必要です。

状態の悪い筋肉だとこれらの要素が足りない為に代謝が悪くなるのです

代謝が落ち、こわばり固くなった筋肉はいわば冬眠している状態です。

この冬眠状態の筋肉が引き起こす代表的な症状が「冷え性」です。

指先が冷たい、手足の冷えで寝ていても目が覚めるという方はまずはストレッチから始めて体を緩めましょう。

また、当院ではストレッチでは取り切れない固さやコリに対する施術を得意としております。

柔らかく快適なカラダづくり、体質改善のお手伝いは当院のカイロプラクティックにお任せください。

みずえ駅前整体院

ekiten-bannerkoe-banner01

オンライン予約バナー


このブログ記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

ページ最上部へ